最新科学・技術 Feed

2010年6月15日 (火)

スピンオフ・抑止力

仕事から帰ってきて、ネットのニュースを
見たら、菅さんが『はやぶさ2』継続するために
予算処置をするそうな・・・選挙目当て?
成果を挙げたのだから、当然そうなるべきでしょう

さて、これで再突入体を製作できる技術を日本も
持っていると世界に公表したわけです。

それも、宇宙空間という過酷な環境下に7年間も
曝露されていても、ちゃんと機能した優れもの
さらにさらに、
NASAも観測用の航空機を飛ばすほどの
高速での大気圏突入にも成功した

この技術を使って何ができるか?普通に考えれば
有人宇宙船用の帰還カプセルは、当然の帰結

H2Bで打ち上げる軌道間補給機HTVのベイロードが
6tもあることを考えれば、有人機の打ち上げ手段は
もう、所有しているとも言えるわけで・・・

HTVの推進系を流用して、軌道用の機体とし
帰還用カプセルをベイロード部分に搭載すれば・・・
妄想だけなら簡単なんだけどなぁ

さて、ここまでは、日の当たる使い方ね

ベイロードが6tの軌道間補給機HTVは
衛星軌道上を移動する能力がある

大気圏に突入しても、投下カプセルを
無事に地上に降下させる耐熱シールドも有している

何だかんだと、トラブルやら事故を起こしているけど
核燃料の再処理施設もあれば、Puもある

北の某国やパキ***に中東の某国が欲しがる
濃縮用の遠心分離機も生産してる

新型固体ロケットのイプシロンのコンセプトのなかの
打ち上げの準備期間の短縮とか打ち上げ場を選ばないとか
ノートPC1台で管制できるモバイル管制なんて読むと

移動能力が高くて冷戦時代に米軍が脅威を感じていた
ロシアの車載型のICBMを思い起こしてしまうのは
私だけでしょうか?

だから、現物の兵器を持たなくても
米国の軍艦が日本に入港する際にやるように
持ってるとか持ってないとか言わずに黙っていると

いろんな、最先端の科学技術も抑止力になんだよね

2010年4月23日 (金)

光るラジエーター

昨夜は、アバターを観るのに少々苦労しました
原因はDVDのコピーガードとプレーヤーソフトの更新忘れ

最新のコピーガードはPCでの再生を嫌うようで
再生するまでにかなりの時間を費やしてしまった

さて、久しぶりに観たアバターですが
ハードSFのファンとしては、見落としては
いけない点を見落としていた事を発見

しかし、この映画・・・細かいわ

2001年宇宙の旅では手を抜いてあった点を
たった十数秒のシーンで手を抜かずに表現するとは

大気圏内であれば乗り物の内部に溜まった熱は
機体の外と熱交換する方法は幾らでもあるが

真空の宇宙空間だと、空間に熱線として放射するしかない
現実のISSにもラ ジエータが設けられている

そのために、人体と電子機器類の熱しか放出しなくていい
ISSより遥かに高い熱源(核融合炉)をもつ機体なら
廃熱用のラジエターは赤く輝いてもいいはずなのだが
映画の2001年では白かった

しかし、アバターでは光ってましたね・・・赤々と
オープニングの宇宙船のラジエーターが

てことは、2001年でミスと言われていた
ストローの中の液体が降りるシーンの他にも
ミスがあったということかいな?

2010年4月11日 (日)

TVでもやってたけど

ホンダのUX-3の技術を利用したら
転倒しない(しにくい)2輪車が作れるのだろうか

乗り降りの時に立ちゴケしてバックミラーを折ったり
高価なカウルに傷が入って自己嫌悪に陥ることはない
2輪車が作れるというのは2輪メーカとして売りだろうな

オーバー750の元々高価でクソ重いスポーツバイクなら
立ちゴケ防止オプションを望むユーザーは多いと思うけど
どうでしょう?

それよりも、販売価格に問題があるでしょうけれど
自立して転倒しないというこの技術を自転車に応用して
転倒しない安全な母子乗車可能チャリを作ってくれないかな?

2010年3月 8日 (月)

興味のない人には、まったく面白くない話

巨大ブラックホールの失われたスピン

JAXAの研究グループが発見した
宇宙にまつわる新しい謎です

さて、この失われた巨大ブラックホールの
自転エネルギーはどこに消えたのでしょう?

特異点近傍にコロニーを設けたヒーチー人が
コロニーを維持するためにBHのエネルギーを
利用しているのかも・・・

というと言うと判るひとは少ないよね
ゲートウェイシリーズを読み返したくなってきた

妄想は置いといて、話を戻します

こういう話を見聞きすると、
先端科学や最新技術にやSFが大好きな私は
わくわくしてしまいますが、そういう人は
最近あまり身近に居ないようです

故に、こいう話を見聞すると
最近、特に想像してしまうのです

自分の目でみることはないのでしょうけれど
遥かな未来に人類が生き延びていたら

BHをエネルギー源として利用できるような
技術を手にすることができるのでしょうか?

2010年3月 4日 (木)

これ欲しい

クールな「脳波制御式ヘッドセット」
これは欲しい

マウスやトラックボールや大嫌いなタッチパッドを
使わなくてもPCが操作できるから、狭い職場で
CADを操作するのに向いているでしょう
ただ、唯一気に入らないのが有線接続でないこと

>盗まれた冷戦時代のソ連の戦闘機に搭載された
>兵器システムを発射したりすることも可能だろう

には笑ってしまったが、現実の戦闘機パイロット
が高G化で操作を行うのに体を動かさないでいい
となれば、冗談でなく本当にF22辺りでは
実際に兵器システムを動かしているかも

一番安い基本バージョンが300ドル
フライトシュミレータでも操作して見ますか?

2010年3月 2日 (火)

精度を上げてね

気象庁のみなさん、今回の津波警報で
謝罪の必要はないと思いますが
警報の精度向上を考えましょうよ

今回のようにハワイで観測された後に
開発が済んでいる自立型の浮遊式観測ロボットを
海自の対潜哨戒機を使って太平洋海に展開するとか

海洋観測用のレーザー・レーダー衛星を用意して
(元は、原潜探知用に技本辺りで研究してた奴)
海面変動をリアルタイムで観測できるようにするとか

そのまま、ハイテク日本の売りになるような
観測機器をずらっと配備して、技術立国日本を
世界に見せつけるというはどうでしょう?

2010年2月27日 (土)

他にもある不思議な光景

いつものWIRED VISION NEWSに
Google Earthで発見した奇妙な風景20選
という記事がありましたが

Yyahooでもgooでもいいから

緯度:33°31'35.42"N
経度:130°29'35.30"E

の衛星or空撮画像を検索して観て
道路の脇の駐車場に

スペースシャトルが停まっている

大宰府インター近辺の旧3号線を
通った方はご存知のものです

衛星画像で観るとギミックだわ

2009年12月13日 (日)

サイバーパンクが現実に

よく取り上げるWIRED VISION NEWSの記事ですが
80年代のSFを読んだ方々はお分かりかなぁ

人と機械(情報機器)との融合の手段として
ワイヤーをインプラントする方法の開発が進んでいます

今は最先端の医療分野における開発ですが
これが普及すれば情報端末機器の業界は全滅?

キーボードやマウスに流行のタッチパッドすら
過去の遺物になるのでしょうが、私のような
無線接続拒否派有線信奉者は少数ですが必ずいるから
使かわれ続けるでしょうけど

今のところ、人側からの入力オンリーの一方通行ですが
それでも、情報端末だけでなく、全ての人と機械の間の
インターフェースに影響する先端技術です

これが進化すれば、自分の体を動かす感覚で機械を操作できるから
それこそ、ニュータイプでなくても簡単な練習で車からMSまで
動かせるようになるかも

さらに情報の伝達が双方向になれば、脳の感覚部位視に直接
情報を送り込めるようになるのでしょうから、
映画やTVなどの娯楽も大きく変化する

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感に関する情報を直接脳に
送り込んで再現できる全感覚擬似体験が可能になる
(こういう映画や小説があったよなぁ)

データをダンロードするだけで、世界中の名勝地を体感できたり
料理を味わったりが自宅で出来るからある意味エコ?だけど

暗黒面もいろいろとあるから、
倫理的に大きい問題をはらんでいるのは確か・・
(あえて書かないけど、猟奇的な趣味の方もいる)

そうなると需要があれば供給する輩は必ず居るわけで、
違法AVと同様にデータでやり取りできるということは
ネット環境さえあれば直接運ぶ必要がないだけに
取り締まりは不可能かも

また、脳という有機系情報処理システムに直接浸入するハードが
出来るのだから、必然的に対脳コンピュータウィルスを開発する
輩も必ず出てくるよね。(甲殻機動隊で・・・)

そこまで行かなくても、スパムメールは来るだろうから
それらを防ぐために、『さくさく全開・・・バスター2025』とかの
DMが直接、脳裏に送られてくるのかねぇ

やっぱり、私は手動入力・有線接続でいいや

2009年10月21日 (水)

バルキリーのエンジン

F22とF35の件をネットニュースで読んでから
三菱が作っている心神に関するのデータを集めていたのですが
TVで流れているマクロスのパチンコ台のCMと重なって

バルキリーのエンジンで、ふと、以前にJAXAで開発が進んでいた
複合サイクルエンジンを思い出してましてのJAXAサイトで
探したけど見つからない

2007年以降のデータが公表されていないのか
開発が中断されているのかが良く判りません

この複合サイクルエンジンは大気圏から宇宙空間まで
ひとつのエンジンで対応可能な推進器なので
まさにバルキリーのエンジンでしょう?

このエンジンが実用化されたら、宇宙旅行が少しだけ
身近になるエンジンなんだけど、開発は中止されているのかな

2009年10月20日 (火)

ちょっとまずい事

生体ポンプの具合が前回の深夜以降、すぐれません
運転開始からもうすぐ半世紀、いたわらないと

まだまだ、やりたい事や知りたい事
尋ねてみたい場所にプラスして

実用化されるのを見たり体験したい新技術が
たくさんあるから長生きしないと・・・

まずはこの辺から(ワイヤード・ニュースより)

有機物をなんでもエタノール化

昔のSF映画ではないけれど

車に入っているバイオエタノール燃料の何割かが
元は人体です・・・みたいな

そうなると、火葬すること自体が贅沢なことになったりして

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter