最新科学・技術 Feed

2016年6月14日 (火)

超音波の検査を受けて

先日、超音波による心エコー検査を受けた時に
心臓内の血流の動きを可視化した映像を見て

こんな感じで、配管内の流体の動きを見れたら
いろいろと便利だろうなと思ったので

ネット検索すると、いろいろと研究開発が
進んでいることがわかりました。

可視化する方法もたくさんの論文がネットにUP
されていますが

検索してから思い出しのが、超音波で物体を
持ち上げるという発明。
地金や薬品などの調合の際に、容器からの汚染を
防ぐために空中に浮かせて溶かしたり混ぜたり
できるという。
 
超音波で物体の動きを制御できるのなら
体外から心臓内の流体を制御できないものかね?
と思ったりしてます。

2014年12月 7日 (日)

3Dマッピングの実力

先日、赴任先で3Dマッピング技術を応用した

大型設備の調査があり、同行することになった。

 

マーカーを設置して専用カメラで撮影していく

業者の横で、検証用にコンベックスで寸法を

測定して、手書きでスケッチをしたけれど

 

撮影終了後にデータ処理された結果を見ると

これは凄い。

ゲームの背景ようなCGとして表示されるだけで

なく、3D・2D図面も出力されるので、現場スケッチ

の労力が軽減されることは確実だ。

 

現状のレベルは、複雑な設備だと細かいところで

精度に問題があるけど、既設設備のレイアウト変更

の検討などには問題なく使用できるレベルだった。

 

これからさらに技術が向上したら

設計者が直接、現場でスケッチする必要が無い

世界が来るかもしれない。

 

赴任先の新業務なので手持ち資料を公開する

ことができないのが残念だけど、興味のある方

は「FARO」で検索してさい。

測定機器はこのメーカのものを使用してました。

2012年4月 5日 (木)

核融合パルスエンジン

ネットのニュースで
「レーザー核融合、連続反応に成功
 光産業創成大学院大など」
 

という記事がありましたが
その記事のなかで解説されているのは
原発の代換エネルギー源としてだけだった

この技術の応用として、すぐにも使える
ことがあるのになぜ書かない?

宇宙空間での推進機関として燃料/推力比
は、既存の反動推進機関を大きく凌駕して
いるから、遠方の惑星に行く推進機関として
これほど使える機関はない。

21世紀の夢がまたひつ、現実になっただね

2011年12月 7日 (水)

『はやぶさ2』の予算

『はやぶさ2』の開発に関する予算が削減
されるとのニュースがネットにでていました
そのかわりに、準天頂測位衛星や陸域監視
衛星に開発予算が増額されるという

以前、Twitterでつぶやきましたが、
一基だけ製作される特注の小惑星探査機は
衛星開発や遠隔操作にまつわる技術の発展
や、習得と科学的な貢献しか利益はないかも
しれいけど、『はやぶさ』の帰還がどれだけ、
未来の科学者や技術者を発掘したか、その
効果は大きいと思う。

少資源で技術により貿易を振興するしかない
日本で、人材育成は何より優先されるべきだ。
スパコンのときもそうだけど、実利だけで
技術は進歩できるのだろうか?

夢やセンスオブワンダーが無い技術開発なんて
興ざめだよ。そんなものに若い人が集まるのか?

陸域監視衛星の『だいち』の後継機開発とか
準天頂測位衛星とか、なんかきな臭いだよね

『だいち』が役に立たないと言う事ではなく
その技術は光学偵察衛星とイコールで、日本は
まだまだ、運用技術を開発中と聞いてますが
自前の光学偵察衛星がないと某国から融通して
もらえない地域もあるようで・・・

さらに、『だいち』やその後継機の搭載されている
合成開口レーダーというものが、地下資源探査に
有効だそうですが、光学系とちがって雲があっても
地表や海上が見通せる性質の代物です。性能は
『だいち』が分解能10m程度、後継機が1m。

ということは、海上を航行中の空母サイズの艦なら
『だいち』でも識別が可能ということです。

この意味判ります?

建前、民生用の観測衛星ですが、その性能を向上
させていくと、軍用と識別はできない代物になると
いうことです。

準天頂測位衛星も、GPSを補填する衛星ということ
ですが、GPSとはべつの受信機が必要では、コスト
的に考えると、本気で民間に普及させる気があるの
か、疑いたくなる。

GPSが所有する某国の意向で精度を落とされても、
準天頂測位衛星を利用できる日本の長距離攻撃
兵器の精度は落ちないとか、陸自が誇る88式対
艦艇誘導弾を改良して、中間誘導を衛星誘導式
にすれば、さらに遠方の目標を攻撃無力化できる
とか、そんなことを誰か考えていないか?

とにかく、『はやぶさ2』を製作するより、『だいち』等
に資金を投入した方が、儲かる企業や人たちが多い
ということは、よく判るんだけど

科学探査に利益を求めるのはなんだかなぁ

民主党政権は名誉や誇りより、利潤を追求する
政権なんだね。

2011年2月20日 (日)

フュージョン

引越し中の過去の記事データを整備中に
常温核融合のその後を記事に行き当たった
自分で書いて置きながら、すっかり忘れていた。

改めて(暇だから)ネット検索すると
出は々、マスコミがなぜか扱わないから
知られていないだけで、かなりの成果を挙げている

大企業の研究所が実用化の研究を進めていたり
水素貯蔵や核融合を研究をしているところでは
騒ぎになる前から、何か解明されていあない原理で、
不思議な現象が起きていることを知っていたとか

この技術が実用化されたら、レアメタルや
レアアースを工場で生産できるようになるらしい

物質を変換できるから、核物質の変換も研究対象
つまり、放射性物質を核変換して放射性を無くす
なんてことを考えているらしい

一時、大騒ぎして疑似科学(詐欺)扱いされてから
マスコミの科学担当が取り上げなくなっただけでしょうか?
何やらそれとは違う力が働いているような・・・

核融合爆弾の点火用に、核分裂爆弾の代わりに
使用を研究してるなんて話もあるから
実はすでに実用化が済んでいるのかも知れないよ
固体内核変換技術てやつが

2010年11月 1日 (月)

パワードスーツの夜明け

ワイヤードニュースの記事で、米国製の外骨格スーツの動画
が紹介されています。米国ですから、当然のごとく軍用です。

でも、椎間板ヘルニアという病持ちの私はから見ると
お仕事用に一着ほしいところです。

理由は、重いものを持ち上げる際、腰に負担が掛からない
だけではなく、自体重すらサポートしてもらえるから
腰に問題を抱えている人にとっては最高のツールだからだ

さて、米軍が採用するなら、わが自衛隊も装備すると思うけど
あちら製を使う?それとも、国産?

山岳地帯を抱える日本の狭隘に地形には、戦車よりも向いている
兵器だと思し、大規模災害の時に瓦礫の中で活躍できる機材である
のだから、早急に配備しておいて欲しいのだが・・・

筑波大のベンチャー製品だけでなく、HONDAさんも研究してるし
技本でも研究は進んでいるのでしょ?

いつになったら、富士の統合火力演習の時に駆け回る姿がみれるのかな?

2010年8月29日 (日)

名前をつけて、種子島に行こう

JAXAが宇宙ステーション補給機(HTV)の
愛称を募集しています。

特典としてHTV2号~7号の打ち上げに
毎回2名一組ご招待だそうです。
応募されてみてはいかがですか?

将来は、このHTVをサービスモジュルールとして
利用して有人宇宙船を開発する計画もあるようです

大気圏突入カプセルを洋上で回収するのに使える空母
空母みたいな形状の護衛艦もあるから、後は本体の開発だけ

・・・日本の有人宇宙船の打ち上げをみれるかな?

2010年7月 9日 (金)

光子加速

JAXAが金星探査機『あかつき』と一緒に打ち上げた
小型ソーラー電力セイル実証機『IKAROS』が
太陽光の光子の圧力による加速で史上最大加速度を
発揮したそうです。

史上最大と言っても、わずか1.12mNです。それでも、
地上から反動推進剤を持ち上げる必要がないから
太陽系内の推進機関としてはとてもエコな方法です

いずれは、イオン推進機関と併用のロボット探査船の
推進機関として主流になるかもしれません
推進剤が不要であればその分、他の機材を増やせるから
時間に追われない研究調査用の探査機には向いているからです

その前に、光子ヨットによるレースを見たいと思うのは
SFの読みすぎだからかなぁ、でも、もし実現するなら
レースの名前はクラーク・カップにして欲しいものです

2010年6月19日 (土)

水素人材育成コース受講者募集

くそ!失礼
単身赴任で千葉に来ていなければ
私自身が参加したかったなぁ

福岡水素エネルギー人材育成センター主催で
高度人材育成コースと いう、私から見れば
ヨダレものの勉強会が九大の伊都キャンパスで
行われるそうです。

そう以前に記事した爆発事故をポジテイブに
会見した教授がいらっしゃるところです

将来を担う若手研究者の育成が目的なので
大学中退のうえに半世紀物の私には参加資格は
ないのですが

次世代の科学技術をになうヲタク研究者の皆さん
参加してみてはどうですか?

色褪せない塗料

ワイアヤードの記事によれば
蝶の羽の燐粉の構造はジャイロイドと呼ばれる
超軽量で丈夫な素材の理論的構造をしているそうで

微細構造による光の干渉や回折、散乱による
物体が色付く構造色という現象によって
蝶の羽に色が見える

ということは、人工的にジャイロイドを作る時に
入射光に対して現れる色を制御できれば
紫外線くらいでは劣化しない塗料ができるということ

特定波長だけを反射・集光するミラーやフィルター
なんかも有機化合物で作れるんだ。

これって、息子が行ってる大学の学部辺りでも
やってるはずだけど・・・奴はこいうことに興味がない
私がその学校に行きたいわ

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter