自転車 Feed

2012年3月 4日 (日)

安物買いの・・・(ペダル交換)

120304_173702
昨年購入して使用していた自転車のペダル
VP-196のバッタモンだけど、軽さとオリジナル
の半額という安さに惹かれて購入したけれど
1年もたずに破損。

画像だとよく解からないでしょうが
回転軸の根元のベアリングが破損して
中に入っているはずの鋼球が全て紛失
しています。

ということで、4年近く使用できた実績のある
オリジナルのVP-196を、アマゾンで見つけた
ので購入して、今日交換しました。

自転車のパーツはケチらない方が、結局
お得なのね。

たかが、ペダル交換で息切れする
体調の悪さは・・・ちょっとやばいかも

2011年9月29日 (木)

スペーサ装着

今日は久しぶりに、携帯が緊急地震速報を
受信したため、驚きました。

残業時間の事務所のそこかしこで
同じアラーム音が鳴り響くと、ドキッとしました

さて、とりあえず仕事を片付けて、帰宅すると
頼んでいたボトムブラケット用のスペーサが
届いていたので

Photo

必要な専用スパナとアーレンキーの、ふたつ
の工具と、スペーサーを持って駐輪場へ

左右に1枚づつの2.5mmのスペーサを、ベ
アリングホルダーと車体の間に入れて、締め
るだけ

さぁ、これで右側に転倒しても大丈夫だ

今のところ、クランクセットを交換して体感でき
ている効果は、加速力のUPと巡航速度が+2
km程度上がった感じです。

次は、リヤディレイラー&ワイヤの交換です

2011年9月25日 (日)

ホローテックⅡ組立上の注意です

Befor
外す前

工具に掛ける資金はケチってはダメ。
国産のギヤプーラーで、やっとクランクが
外せました。

Lock
上の画像がカジリが発生していた箇所

コッタレス工具を使ってクランクを外そうと
して試した時に、クランクレバーのコッタレ
ス工具取り付けるネジの、ねじ山が潰れ
る(ボケる)くらい固着したから

ギヤプーラーで外れなかったら、残る手段
は切断のみでした。フロントスプロケットが
付いている反対側は、コッタレス専用工具
を使って、楽々外れてくれたので助かりま
した。

Mid

破損していた古い部品を、分解して全て外
した状態。

分解した部品を確認すると、ボトムブラケット
内のベアリングが、手で回してもゴロゴロ音
が聞こえる状態。
フロントスプロケットはよく観ると、波打ってお
り、それでチェーンと干渉していたようで、走
行中にガチガチ聞こえていた音の原因は、こ
れだったのか?

Newbb

車体のネジ穴を掃除して、新品のグリスを塗
布。これを怠ると、次回の交換時に泣くことに
なる。そして、新しいボトムブラケットとクランク
セットを装着・・・問題発生。

ボトムブラケットは68mmの車体に対応して
いるようだけど、クランクシャフトが68/73の
共通品だったようで、シャフト長が長すぎて、
このままでは完成に至らない。
ということに、ここまでやってから気がついた。

After

しかたないので、組めるところまで組んで作業
終了。

三代目のクランクセット交換の時は、最初から
長すぎるボトムブラケット(68の車体に73用の
BBを取付け)だったから、鼻から、スペーサが
要るの承知で取付けたけど、4代目もなの?

ホローテックⅡでネットを検索して、パーツリス
トや、先達の組み立て情報を見ると

オークションに出されていた部品に、68mm
幅で組立てる際に必要な、長さ調整用のスペ
ーサーが含まれていなかった
ことが判明。

とりあえず、スペーサーを大急ぎで注文したけ
れど、明日から通勤にはスペーサーが届くま
で、左側のベアリングのみでスラスト荷重に耐
えてもらうしかない。

やっぱり、予備車両を千葉に持ってくるべき
だったかな?

通販の入荷日案内を見ると木曜日入荷なので
それまで、右側に転倒は厳禁だ。

オークション等で部品を入手した、組立説明書
など無しの部品を組み付けする時は、よくよく
注意しないとダメですね。

2011年9月24日 (土)

安物買いは、やっぱり銭失い

本日は、自転車のクランクセットを交換する
ために、いろいろと入手した部品や工具を
持って、駐輪場でお店を広げたのですが・・・

新しい部品をつけるには、まず、古い部品を
外さないといけない。ということで、クランクの
固定ネジを緩めて、ギヤープーラ-をセット
するところまではすぐに出来たのだけれど、
クランクレバーが外れない。

ボトムブラケットから出ているスクエアシャフト
の表面が錆びて、アルミ製のクランクと固着
していいるようだ。

こういう時にこそ、強引に引き抜けるギヤプー
ラーが活躍するはずだったのだけれど、なんと
アマゾンで¥800だった中国製のギヤプーラー
がご臨終を迎えてしまった。

Photo

下の画像はDIY店で、緊急購入した国産品
のプーラー(値段は倍以上)。
中国製のプーラーの曲がった板と、国産品
の板の厚さは、値段と正比例。

ついでに、細かい所を確認すると
T

引き抜く部品に掛ける爪の仕上げに雲泥の
差があることを発見。
中国製はハンドグラインダーのカッターマーク
が見事に残っているうえに、爪の形状も?

Photo_2

押し込み用のスクリューにも差が・・・
国産品はスラスト力を必要する時に使用する
30°台形ネジだが、中国製は普通のMネジ
だ。まぁ、Mネジなら万が一、スクリューが破
損した時には、市販のボルトが使える?

さらに
45c

鋳物なのに、FCではなく
鋼のS45Cの表記がされている
怪しい・・・怪しすぎる

現在、自転車のクランクは556で浸潤中
なので、明日は国産品のプーラーで分解
作業を始めます。

2011年9月17日 (土)

クランク用工具

自転車の交換部品をオークションで落札して
到着を待っているうちに、後から手配した専用
工具(TL-FC32)の方が先に届いてしまった

メインの交換部品が届くまでに、かれこれ5年
ほど前に行った。ボトムブラケット交換の時を
思い出して、ブログの過去記事を読み返して
いて思い出したことがひとつ。

古いクランクセットを外し時にも工具が必要だ。

31f0ymc4ddl_sl500_aa300_

コッタレス専用工具TL-FC10

こんなやつです。クランクレバーの取り付け部
のネジに差し込んで使用します。でも、これも
専用工具で使える部品の型式が限られる。

でも、私の本業からすると、軸に取り付けられ
た部品を外す工具は別にも存在する。それも
もっと汎用性の高い工具だ。

ギヤプーラー

51iqzb4iizl_sl500_aa300_

 

アマゾンだと、こっちの方が安い。

というか、その辺のDIY量販店の半値以下。

福岡の家に、もっと高品質の物を所有している
けれど、宅急便で送ってもらうよりも安いから、
思わず手配してしまった。

台湾製の先述のタイプの汎用品もあるようだ
けれど、コッタレス用工具では、リヤのスプロ
ケットまでは外せないだろう。

自転車の部品交換を自分で実行している方々
これをひとつ持っていると、いろいろ便利ですよ

2011年4月16日 (土)

パッド交換再び

昨年の6月に交換した自転車のブレーキパッドが
そろそろ、交換する必要が出てきた。

他の駆動系部品の交換も進んでいないが
ブレーキパッドは重要部品だから、交換時期を
延ばすことはできない

昨年は、安いバッタ物が3ヶ月で磨り減って、シマノ
の純正Vブレーキ用パッドに交換する羽目になった
から、今年は最初からシマノの純正をアマゾンで注文。

近所(自転車で行ける範囲)にパーツが売っていれば
通販は使わないのだけど、宿の近辺のお店だと
取り寄せにになるから同じこと

自動車に比べて、自転車は環境に優しい乗り物だけど
自転車の部品に限らず、通販というのはどうなんだろう?


2011年3月 1日 (火)

寿命

通勤に使っている愛車(自転車)の調子が悪い
リヤディレーラーが原因だと思うだけど
ペダルに強く荷重をかけると勝手に変速してしまう

中古で購入して4年目、ここ3年の走行距離から
すると3回ほど日本縦断してもいるうえに
製造年月日からすると10年近い車齢だから
駆動系部品の寿命かもしれない。

それとも、私の脚力が強すぎる?
とりあえず、3月中に部品を選定して交換する予定

この部品を選ぶ時間が楽しい
届いた部品を交換するのも、また楽しい

2010年11月 3日 (水)

パーソナルリアリティー

とある科科学の・・・ではなく、2輪車の話

いま、君津から帰ってきました

自転車でも30Km近く出すと、コーナーを曲がるときに
それなりに車体をバンクさせつつ、コーナーの出口で
ペダルを踏み込んで加速させて、立ち上がるのですけど

そのコーナーリングの最中に、頭に浮かんだのが
『パーソナルリアリティー』

20数年前、奥多摩有料道路を2輪車で走っていた頃
自分の下手さ加減に嫌気が差していましたが、
いままで思い通りに曲がれなかったコーナーを
思った以上に、スムーズに抜けることが出来た時は

決まって、雑念もなく集中している訳でもなく
普通に『これくらい曲がれる』で回っていました。

これが、こける時は(物理的な原因がある時は除く)
曲がる前や回っている最中に『あっヤバイ』と
弱気になった瞬間に、見事にコケてました。

2輪車のコーナーリングは物理の法則にプラスして
限界に近いほど、搭乗者本人の意思の強さが
重要なファクターを占めていると私は思います

2010年4月11日 (日)

TVでもやってたけど

ホンダのUX-3の技術を利用したら
転倒しない(しにくい)2輪車が作れるのだろうか

乗り降りの時に立ちゴケしてバックミラーを折ったり
高価なカウルに傷が入って自己嫌悪に陥ることはない
2輪車が作れるというのは2輪メーカとして売りだろうな

オーバー750の元々高価でクソ重いスポーツバイクなら
立ちゴケ防止オプションを望むユーザーは多いと思うけど
どうでしょう?

それよりも、販売価格に問題があるでしょうけれど
自立して転倒しないというこの技術を自転車に応用して
転倒しない安全な母子乗車可能チャリを作ってくれないかな?

2009年9月13日 (日)

求む!振れ取り台

今日は、予定通り、休日出勤中です

昨日は、前輪のパンクを修理にプラスして
手動の耐圧破壊テスト、チューブ交換
までは記事にしましたが、その後にさらに

昔々、中坊の頃に自転車屋さんで習った方法で
(昔は自転車用のパッチなんか高価で使わなかった)
破裂しチューブの修理までやってから
自転車にフロントホイールを戻したのですが

フロントホイールに大きい振れが出ていることに
水汲みに行った先で気が付いて

ブレーキパッドとリムの隙間を見ながら
スポークニップルを回して応急的な振れ調整まで
やる羽目に・・・休んで良かった

ところで何方か、不要となった芯出し&振れ取り台を
お持ちじゃないですか?持っていないよね

本格的に修理するならちゃんとした治具が必要だけど
自作するのにも、工作関係の工具は福岡に置きっぱなし

そうなると、フロントホイールごと新品に交換するか
振れ取り台を購入するかを思案中ですが

千葉の宿の部屋の中に、気が付けば、本以上に
PC&周辺機器に加えて、自転車関係の工具だの
交換部品などが増殖しています

これ以上は、収納場所が・・・とりあえず
まずは、今日の仕事から片付けましょうか

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter