SF Feed

2012年2月12日 (日)

『王立宇宙軍』

先週の引き続き、もう一度観たかった作品の
1987年製作『王立宇宙軍』のDVDを入手。
私にとっては、ストーリーの一部が独身時代の
個人的な体験と重なる部分もあって、思い出
深い作品です。

しかし、今時の若いアニメファンには終了間際の
30分だけしか、受けかもしれない。

アニメも好きな、根っからのSF・FNファンなら、
前半の異世界のリアル感が楽しめると思う。
一応、ロケットの爆発事故やら、暗殺未遂やらの
エピソードが盛り込まれてはいるけれど、打ち上
げ直前まで、地味な展開に終始する作品です。

それでも、観ようと思ったあなたが、

妄想系のメカマニアなら、震電もどのきの推進式
2重反転スキュードプロペラ装備のターボプロップ
戦闘機と、ライトイニングもどきのJET戦闘機の
空中戦も楽しめるし、細かいところでは、小さい
装置だけと駅の切符販売機の構造も気になるし
、リーレー式大型電算機のハードSW設定による
ソフト変更にもニヤリと出来るでしょう

あぁ、過去に異性と意志の疎通に苦しんだ、苦い
恋愛経験があると、昔の思い出して、あの時は・・・
と思うかもしれない

この作品をネット検索すると、製作メンバーが凄い
と出てくるようですが、製作メンバーが凄いからと
言っても、以前、レンタルして、うちのかみさんに
観せた時の反応を思い出すと、科学技術などに
興味のかけらも無い一般的な婦女子には、まったく
受けないことは保障できる。そんな作品です。

でも、私は大好きな作品です。

2012年2月 8日 (水)

ジュブナイル

Twitterを使い出してから、長文を書くのが
億劫になって、ブログをさぼっている私です。

ちょっと振り返ると

ワープロが世間に広まって、読める漢字が
増えたけど、書けない漢字が増えたり

携帯電話を使うようになって、電話番号が
覚えられなくったり(特に自宅の番号)

カーナビを使い出したら、道順を覚えなくなった
うえに、カーナビが誘導する道路に車両が集中
して、カーナビ渋滞が起きてない?

文明の利器は確かに便利ですが、人の能力を
鈍らせていると思います。

長い前置きは終わりにして、ここからが本題です
本題の方が短かったりして・・・

去年から、山崎貴監督の『ジュブナイル』を
再見したくて、レンタルショップを探していたけど
見つけられなくて、ついに購入してしまいました。

12年前の映画ですが、今見るとちょっと粗い
VFXに目をつぶっれば、いまでも充分に鑑賞に
耐える映画です。

何が良いって、地球側の方は誰も死なない。
ボイド人サイドは、例の海水捕獲装置が吹っ飛ん
だ時に犠牲者が出たことでしょうが、映像に出て
こない。

今時のリアルすぎる特撮映画(昭和初期の言い方)
は、描写しすぎだと思う。
子供も観る娯楽映画で手足を飛ばす必要はない
だろう。
3.11に関係するTVニュースやユーチューブなどで
気付かずに、人が死んでいく様を観ているんだから

さて、この映画を観終わって最初に思ったのは
ハリウッド映画も含めて、特にスピルバーグ監督
等の、異星人とのコンタクト(侵略もの含め)映画
に出てくる異星人は、恒星間宇宙を押し渡れる
ほどの、地球より高度の科学技術を持っている
のに何故か裸?もしくは肌の露出が大。

未知との遭遇、ET、プレデター、新・旧宇宙戦争
、インデペンデンスデイ・・・その他もろろほとんど裸。

スターウォーズやスタートレックは服を着てた少数派。

映画クリエーターのみなさんは、科学技術が高度
に進化すると、知的生命体は裸族に戻るとお考え
なのだろうか?

2011年11月17日 (木)

コスモクリーナーD

昨日、Twitterで
誰か、コスモクリーナーDを発明・開発・実
用化してくれないかなぁ

と呟いたけれど、仕事の気分転換にちょっと
考えてみたら、コスモクリーナーDが実在して
いる仮定して、その使い方を妄想していたら
その装置が持っているはずの機能は、それ
だけで戦略兵器になることに気が付いた。

コスモクリーナーDの機能は、地上から放射
能を除去することなんだけど、放射能を除去
するということは、放射性物質から放射線を
放出する能力を奪うのか、放射性物質その
ものを何処かに移動させることが出来るとい
うことになる。

波動エンジンで異次元空間に艦を放り込んで
空間を飛び越える技術の延長で考えるなら
通常の非放射性物質と放射性物質を選別し
して、放射性物質だけを亜空間にポイできる
装置と考えられる。

そこで、この装置を現代の日本で稼動させた
場合に何が起きるかを想像してみよう。

まず、福島を始め、原子炉格納容器の外に
放出されてしまった、放射性物質が、地表や
大気中から消えてしまう。めでたしめでたし

それから、放射線治療用や建築物などの検査
で使われている線源も消える。ちょっと困るぞ

さらに、各地の原子炉内や核燃料工場、再処
理施設から、放射性物質である核物質が消え
ていく。純度100%のU238とかだけが残る。
エネルギ危機の発生だ

地上の原発が停止するなら、各国の原子力推
進艦も、その動力を喪失して海上を漂うことに
予備のディーゼル機関が大活躍

ということは、米軍ご自慢の劣化ウラン弾から
劣化ウランも消える。当然、ICBMだの巡航ミ
サイル等等の核弾頭も無効化されてしまう。

それどころか、地下や海水中の放射性物質も
消えてしまうとしたら、究極の脱原発マシンだ。

イスカンダルからコスモクリーナーDを持ち帰っ
て、地球上でコスモクリーナーDを稼動させた
後の地球では、何をエネルギー源として使用
したのだろうね?

2010年7月31日 (土)

架空の存在

TVのニュースで静岡に立つガンダムを見て
やっぱり、架空の存在なのだと再確認した
どう見ても、実用性0だもん

ガンタンクならまだましか・・・(但し、垂直噴射なし)

将来、このようなサイズのMSが実用化されることはないでしょう
見世物としてなら有りかもしれないが

人型MSが地球上で無理な理由について詳しくは
柳田理科雄氏の空想科学シリーズをなどを参照してください
20世紀少年にも無理な説明がちらりと書いてあったなぁ

では、重力の影響が少ない自由落下状態の宇宙空間では
(無重力状態というのは厳密に言うと存在しない)
どうかとういうと・・・

残念ながら静岡のモニュメントをみる限り、今のままでは
アニメのように宇宙空間で機動するはずが無い。

現実的には、軽くて突起がない上に方向制御用のバーニアを
ちゃんと装備した、やられキャラのはずの『ボールさん』の方が
人型のMSの機動性を凌駕していいはず

アニメの中でノーマルスーツで宇宙遊泳するシーンでは
バーニアで方向を変換するのに、なぜかMSは体をひねるだけで
方向変換してたもんね。そのたびにフライホイールでも内蔵?
と突っ込みたくなる

ガンダムシリーズをはじめアニメは好きだけど
実体化するならもうちっと、技術的に公証をいれませんか?
背中のランドセル・肩や腰周りにバーニアをつけるとか

2010年7月 9日 (金)

光子加速

JAXAが金星探査機『あかつき』と一緒に打ち上げた
小型ソーラー電力セイル実証機『IKAROS』が
太陽光の光子の圧力による加速で史上最大加速度を
発揮したそうです。

史上最大と言っても、わずか1.12mNです。それでも、
地上から反動推進剤を持ち上げる必要がないから
太陽系内の推進機関としてはとてもエコな方法です

いずれは、イオン推進機関と併用のロボット探査船の
推進機関として主流になるかもしれません
推進剤が不要であればその分、他の機材を増やせるから
時間に追われない研究調査用の探査機には向いているからです

その前に、光子ヨットによるレースを見たいと思うのは
SFの読みすぎだからかなぁ、でも、もし実現するなら
レースの名前はクラーク・カップにして欲しいものです

2010年5月22日 (土)

自分の書いたことですが

昨日、自分の書いたブログを読んで
入手をあきらめていた本を思いだしました

創元推理社に問合せまでして探した
絶版になった海外SFを翻訳した文庫本です

マイナーなSFの文庫など油断して買い忘れると
気付いた時には絶版になっているから
購入をあきらめて、忘れていましたが

自分で書いたブログを読んで試しに
アマゾンで題名を入れて検索してみると・・・

ビンゴ!有りました。

ニーブン&パーネルの神 の目の凱歌〈上〉 (創元SF文庫)

帰福する機内で読めるように
注文してしまいました。・・・しかし、
読み終わったら千葉に持ち帰らないと

かみさんの目はに小さい塵扱いされるでしょう(笑)

 ↑
ニーブン&パーネルをご存知の方は笑ってください

2010年4月23日 (金)

光るラジエーター

昨夜は、アバターを観るのに少々苦労しました
原因はDVDのコピーガードとプレーヤーソフトの更新忘れ

最新のコピーガードはPCでの再生を嫌うようで
再生するまでにかなりの時間を費やしてしまった

さて、久しぶりに観たアバターですが
ハードSFのファンとしては、見落としては
いけない点を見落としていた事を発見

しかし、この映画・・・細かいわ

2001年宇宙の旅では手を抜いてあった点を
たった十数秒のシーンで手を抜かずに表現するとは

大気圏内であれば乗り物の内部に溜まった熱は
機体の外と熱交換する方法は幾らでもあるが

真空の宇宙空間だと、空間に熱線として放射するしかない
現実のISSにもラ ジエータが設けられている

そのために、人体と電子機器類の熱しか放出しなくていい
ISSより遥かに高い熱源(核融合炉)をもつ機体なら
廃熱用のラジエターは赤く輝いてもいいはずなのだが
映画の2001年では白かった

しかし、アバターでは光ってましたね・・・赤々と
オープニングの宇宙船のラジエーターが

てことは、2001年でミスと言われていた
ストローの中の液体が降りるシーンの他にも
ミスがあったということかいな?

2010年3月 8日 (月)

興味のない人には、まったく面白くない話

巨大ブラックホールの失われたスピン

JAXAの研究グループが発見した
宇宙にまつわる新しい謎です

さて、この失われた巨大ブラックホールの
自転エネルギーはどこに消えたのでしょう?

特異点近傍にコロニーを設けたヒーチー人が
コロニーを維持するためにBHのエネルギーを
利用しているのかも・・・

というと言うと判るひとは少ないよね
ゲートウェイシリーズを読み返したくなってきた

妄想は置いといて、話を戻します

こういう話を見聞きすると、
先端科学や最新技術にやSFが大好きな私は
わくわくしてしまいますが、そういう人は
最近あまり身近に居ないようです

故に、こいう話を見聞すると
最近、特に想像してしまうのです

自分の目でみることはないのでしょうけれど
遥かな未来に人類が生き延びていたら

BHをエネルギー源として利用できるような
技術を手にすることができるのでしょうか?

2010年1月16日 (土)

突撃!ヒューマン!!

ヤフーで記事を見て
50年代生まれのスーちゃんファンは見てただろうと思う
(特に全キャン連の人たちは)
ミキちゃんファンの59年生まれのおいさんです

数回見た記憶がある番組なのですが、記憶が・・・
主人公がピンチの時に客席で指につけた円盤を回わす数が
一定の量に達すると変身してたような・・・

主人公が夏木さんだった記憶がなく(すいません)
変身直前に田中好子さんが下手に下がって行くところしか
記憶に残っていないという不確かさ・・・

13回で打ち切りになったということは知りませんでした
まるで、ゼブラーマンの設定のようなお話ですな

70年代+打ち切りつながりで思い出したのですが

『突撃!ヒューマン!!』が1972年でその2年後の
1974年に『宇宙戦艦ヤマト』がTVで放映されたけど
放映当時、裏番組の『猿の軍団』や『ハイジ』の方が
視聴率が高くて一部のSFマニア(私含む)以外は
さほど騒がれも注目もされずに、低視聴率のため

放送回数が減らされたシリーズだったのに、その後の
騒がれ方を見ると、ライブで一話も欠かすことなく見た
ヘビーなファンとしては実に複雑な心境です。

(故にハイジはライブで観ていません、NHKで実写版観てたしね)

でも、古代が艦長になったアニメの復活版だの
キムタクが古代の実写版だの、ちょっと楽しみですけど
特に、柳葉さんの真田にちょっと期待、当然サイボーグの
設定だろうな、事故で手足を失って技術者になった設定を
変えると・・・それだけで興ざめする人も居るのだけれど

さらに、その昔、SFマガジンに載っていた
アメリカのSF大会のコスプレショーに出場していた
地毛が金髪の森雪の写真を見た時ほどの驚きを
実写版のヤマトで感じるだろうか?

ドロンジョよりたいへんかもよ

2009年12月13日 (日)

サイバーパンクが現実に

よく取り上げるWIRED VISION NEWSの記事ですが
80年代のSFを読んだ方々はお分かりかなぁ

人と機械(情報機器)との融合の手段として
ワイヤーをインプラントする方法の開発が進んでいます

今は最先端の医療分野における開発ですが
これが普及すれば情報端末機器の業界は全滅?

キーボードやマウスに流行のタッチパッドすら
過去の遺物になるのでしょうが、私のような
無線接続拒否派有線信奉者は少数ですが必ずいるから
使かわれ続けるでしょうけど

今のところ、人側からの入力オンリーの一方通行ですが
それでも、情報端末だけでなく、全ての人と機械の間の
インターフェースに影響する先端技術です

これが進化すれば、自分の体を動かす感覚で機械を操作できるから
それこそ、ニュータイプでなくても簡単な練習で車からMSまで
動かせるようになるかも

さらに情報の伝達が双方向になれば、脳の感覚部位視に直接
情報を送り込めるようになるのでしょうから、
映画やTVなどの娯楽も大きく変化する

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感に関する情報を直接脳に
送り込んで再現できる全感覚擬似体験が可能になる
(こういう映画や小説があったよなぁ)

データをダンロードするだけで、世界中の名勝地を体感できたり
料理を味わったりが自宅で出来るからある意味エコ?だけど

暗黒面もいろいろとあるから、
倫理的に大きい問題をはらんでいるのは確か・・
(あえて書かないけど、猟奇的な趣味の方もいる)

そうなると需要があれば供給する輩は必ず居るわけで、
違法AVと同様にデータでやり取りできるということは
ネット環境さえあれば直接運ぶ必要がないだけに
取り締まりは不可能かも

また、脳という有機系情報処理システムに直接浸入するハードが
出来るのだから、必然的に対脳コンピュータウィルスを開発する
輩も必ず出てくるよね。(甲殻機動隊で・・・)

そこまで行かなくても、スパムメールは来るだろうから
それらを防ぐために、『さくさく全開・・・バスター2025』とかの
DMが直接、脳裏に送られてくるのかねぇ

やっぱり、私は手動入力・有線接続でいいや

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter