機械設計 Feed

2015年12月20日 (日)

仕事の愚痴などを・・・

単身赴任先で一人当たりの仕事量が半端ないので
いくら、作図する速度がに自身があっても
捌ける仕事量ではないから、外の業者殿に仕事を
振ることになるのだけれど

自分より若い方々は散々な結果に終わってきた所に
先輩の方が最近登場しました・・・が
 
こちらから細かい指示しなくても図面が上がって
来るのだけれど・・・

若者と違って、しっかり正確な3面図が描いてある
寸法線もばっちり、図に記入されている。
 
さて、問題点はどこに?

簡単な図面を例に挙げると 
 

Model


この場合、ナットの側面図無くてもモノは作れるし
(作れないという業者には仕事任せられない)
取付でも部品形状は理解できるから
六角の図は描かないのよ。作図上、時間の無駄と言われます。
なのに、この先輩は描いてくる。
 
こんな感じで、もっと複雑な部品の図面に
製作上、不要な側面図等が一杯、描き込んである
当然、重複した寸法線も一杯、描いてある。
 
で、こういう状態の図面は非常に見にくい
ということになるわけで、上司チェックがまず通らない
この後、困るのは作図費用の査定なんだよね。
 
作図に掛かった時間で費用を払うから、たまに
故意に不要な図を書き込んでくる業者さんも
居るにはいるけど
 
今回は、チェックバックで消せと指示しても
消さずに描いてくるから、
どうやら、消せない病らしい
 
不要な図のせいで図面枚数が増えてるし
こちらの指摘も大半は無視するという事は
チェックバックしてるこちらの時間まで
無駄に使っていると気付いていないご様子。
 
ただ、図面内のミスにひとつひとつ
個別に細かい指示を出すと対応できるから
前の若い奴よりマシなんだけど・・・

細かい指示を出すために、送られてきた
CADデータを開いて、細かいチエックしてたら
自分で修正してるようなものだから

ざっと観て、同じミス多かったら1・2点を指摘して
他にもあるから見直してと指示すんだけど
指摘した箇所だけ直して・・・ベテランの仕事じゃない。
 
ひとつ指摘されたら、類似の箇所を自主的に
見直して修正するという行為が思いつかない
らしい。

 
さらに、図面の仕上げ参考用に寸法違いの、ほぼ
同系統装置の部品図データも支給して、
このデータをベースにコピペ&ストレッチで
作図してと説明までしたのに
 
顧客の仕様や要望は二の次にして、
描きたいように描きやすいようにしか
作図できませんでは次の仕事は出せないし、
頭が固すぎでは?

私より経験年数が上なのに・・・?
柔らか過ぎるのも問題かもしれないけど

せめて客の話は聞こうよう
 
社外で外注として一人親方で細々やってはる人と
遠方から、ぜひにと呼ばれて、客先の一員として
仕事してる自分との差はこんなところにあるのかね?

2015年8月 9日 (日)

CADで在宅ワーク?

最近、CADソフトが使えれば自宅で、図面を描いて
お金を稼げると思っている方がいらっしゃるようですが
 
確かに会社勤めをしている時にそれなりの経験を積んだ
人なら可能です。
私も一時期やりました。今も持ち帰りで土日は宿で図面
を描いてますが・・・
 
でもね、素人が描いた図面をそのまま使うことはまず無い
わけで、誰かがその図面をチェックして、修正したうえで
出図されます。
 
そのチェックと修正に時間を取られると、製図を外注した
メリットが飛んでしまうから、やっぱり、それなりの腕が
ないと継続した発注は無い。という事実を念頭において
欲しい。
 
資格ビジネス+在宅ワークでCADの機材と教材を売って
CADを学習しから仕事を出します的な話を、時々目にし
ますが
 
三角法に機械要素、簡単な構造計算程度が身に付けないと
一枚単位の仕事になるので、たぶんコンビニでバイトした
方が稼げると思います。 
 
仕様書と簡易な説明図から組図・詳細図・計算書・仕様書
まで展開できるスキルがあれば、時間単価での仕事を取れ
るから、なんとか自営で稼げるかなぁ
 
それでも、そこまでの実績をどこかで積んで客先に顔と
名前を覚えてもらわないと、割のいい仕事は来ないし
作図センスがないと絶対に図面単価は上がらない
 
センスのない読みずらい図面はチェック段階から
時間を取られるし、ミスも多い。それも、致命的なミスが
地雷のように隠れていることが多いから・・・
そいう人には、極力、仕事を頼まない・・・
 
長い前置きはここまで
 
この週末は、和歌山出張前に外に依頼していた図面の
チェックをしていました。
 
先日、仕事がデキナ過ぎて所属元に帰った若者に簡単な
作図(トレース+追加少々)を依頼してたのだけど
その若者がたまたま別件で忙しくなったため
その設計会社で暇な人(!!)に振られてて・・・

嫌な予感というか、その人の図面センスの無さが
致命的のことを別件で苦労させられて、知っていたから
早目にチェックしようと、個人アドレスを教えてデータ
を送ってもらってのチェックを週末潰してやってました。
 
結果?
 
先の若者より経験年数が長い分酷い。
 
図面全体に細かいミスが散在。
参考図丸写しで、改善点が反映されてない。
そして、致命的な程、作図センスがない
 
全部、やり直さないと出図できない図面落書き
でした。
 
これ、月末に査定して支払い金額を決めないといけないけど
マジ、0査定レベルなんだよね。
週末のチェック費用と修正に掛かる私の人件費を請求したら
マイナス査定なんだけど

とりあえず、明日は修正で大変だ。

続きを読む »

2015年7月 4日 (土)

仕事に必要な資質

久しぶりに本ブログにふさわしい内容を
 
先日、単身赴任先で私より先に派遣で入っていた
設計外注の20代の若者が職場を去りました。
 
とりあえず、前職では自動化されたソフトを使って
配管構造検証をしていたらしいが、できることは
なんとかCADの操作のみだから
当然、辞めた原因は仕事に不適合でした。
  
図面を描かせると、手が遅いうえに何度も間違える。
図面上のミスを指摘しても、自力で直せない。
現場スケッチをさせると、測定ミスやら洩れが多く
一回で済むはずスケッチが複数回必要になる。
トドメが、スケッチのCAD化に際して、自分で
スケッチしたのに、理解できない箇所が出ると
描きやすいように、書き換える。
 
何度、注意されても、社員限定の勉強会に特別で
参加させてもらっても、スキルが上がらない。
 
こうなると、使う方も使われる方も不幸だよね。
設計外注なのに、模写以外の図面仕事を任せら
れないんだから(模写:トレースのこと)
 
結局、本人から退職願いが出て所属会社に戻る
ことに・・・。
顧客さんがなんとか引き上げようと頑張ってく
れた努力と金と時間をドブに捨てたような・・・
 
赴任先に派遣での契約だったから、派遣解除で
失職という派遣労働の危うさを、処遇は依託扱
い(一人親方)で首の皮一枚つながった状態。
 
それでも大丈夫かなぁと、元職場の皆が心配
してくれるキャラだけが救いなんだけど。

私や客先担当と同様に、工業高校機械科卒だから
工作機械や機械要素に関する最低限の知識はある
はずだったけど・・・
 
以前にもここに書きましたが、機械設計の範囲は広い。
産業的に言うと航空宇宙産業からオモチャまで
PCだって筐体は機械設計図面がいる。

内容的は構造物(建築だろう思うほどの構造物)・
配管・動力伝達機構のほかに、物を動かすところには
必ず必要とされる。
 
実際は、所属してる製造会社によって担当範囲が
違いすぎるくらい違うので、同じメカ系設計者でも
会社が違うと話が合わない事もある。
でも、共通する必要な資質があると思う。
 
その必要な資質は、機械設計に限った話ではないと
思うけど、この仕事を続けるには大事な資質だと
私は思います。
 
私が思うメカ系設計者に必要な資質
1)機械に対する好奇心・知識欲・向上心
2)空間認識力(3次元に部品の位置を把握するため)
3)論理的推理力・創造力
 (既設改造以外は無から構築しないといけないのと
  設計ミスすると人命に関わる事もあるから、未来
  予測の能力はいる)

4)数学(幾何学は必須。計算力も・・・)
5)コミュニケーション・交渉能力
 (顧客や部品メーカーと仕様打合せできないと困る)
6)年齢に関係なく、人の忠告を聞き入れる広い心。
 
後は、この仕事がやっぱり好きなことだろう
職場を去った若者に送別会の時に尋ねたら
この仕事が好きではなかったそうです。

2014年12月 7日 (日)

3Dマッピングの実力

先日、赴任先で3Dマッピング技術を応用した

大型設備の調査があり、同行することになった。

 

マーカーを設置して専用カメラで撮影していく

業者の横で、検証用にコンベックスで寸法を

測定して、手書きでスケッチをしたけれど

 

撮影終了後にデータ処理された結果を見ると

これは凄い。

ゲームの背景ようなCGとして表示されるだけで

なく、3D・2D図面も出力されるので、現場スケッチ

の労力が軽減されることは確実だ。

 

現状のレベルは、複雑な設備だと細かいところで

精度に問題があるけど、既設設備のレイアウト変更

の検討などには問題なく使用できるレベルだった。

 

これからさらに技術が向上したら

設計者が直接、現場でスケッチする必要が無い

世界が来るかもしれない。

 

赴任先の新業務なので手持ち資料を公開する

ことができないのが残念だけど、興味のある方

は「FARO」で検索してさい。

測定機器はこのメーカのものを使用してました。

2010年10月31日 (日)

CADデータの功罪

久しぶりにお仕事の話

明日の仕事の下準備のために、今まさに
お持ち帰りの仕事を終了したところです。

改造方案の作成のために、既存図面から
不要な寸法線などのレイヤを削除して
外形線だけの図面を作成しておりました。

CADのデジタルデータの良いところは
作成段階で、ちゃんと使用線種ごとに
レイヤを分けて記入しておくと

レイヤ一括選択で表示させたり、消したりして
必要な線を選択するのも、削除操作も
簡単に出来ること。

それでも、処理枚数が多いと大変だけど
アナログ(手書き)に比べれば天と地のほどの
差がある。

デジタルデータの悪いことは
小指の先ほどのUSBメモリに、装置一式分の
図面+現場で撮影した参考画像のデータも
簡単にお持ち帰りが出来ちゃうから

休みだというのに、自宅でつい仕事をしてしまうことや
メールでデータのやり取りすると、ネットに接続できる
環境さえあれば、世界中のどこにいても仕事が
追いかけてくることかなぁ

2009年6月 7日 (日)

エンジニアの方々に

エンジニアを名乗る方々に
ぜひ読んで欲しいサイトです

千姫さんに教えていただきました

原発がどんなものか知ってほしい

原発反対・賛成の主義は別にして
エンジニアの末席に身を置く者として
看過できないお話が書かれています

政治家や役人、学者に正義や良心を求めのは普通ですが
技術者に良心は不要でしょうか?

高速中性子や放射線の類を長時間浴びると
構造材(鋼やコンクリート)も劣化することを
その業界の技術者が知らないはずはないよね?

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter