その他 Feed

2016年3月10日 (木)

そろそろスマホに

いわゆるガラケイを愛用してきましたが

設備の試運転対応で昼夜連続勤務をしてる最中に
JR東日本から携帯にメールが届きまして

何やらお財布ケータイアプリのSuicaが
通信方式を変更するので、一部ガラケイでは
対応できない機種があるから気を付けろ
と書いてある。

こんな話は携帯会社から来るのが先だろうに 
携帯会社からそんなメールが来てないぞと思いつつ
JR東日本からのメールに記載の携帯会社のURLを
のぞいて見ると

・サーバ証明書の切り替えによるドコモ ケータイへの影響について(NTTドコモ)
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/150715_00.html
・auケータイをご利用のお客さまへ、サーバ証明書切り替えによる影響について(au KDDI)
http://www.kddi.com/important-news/20150715/
・SoftBank 3G(携帯電話)をご利用のお客さまへ サーバ証明書切り替えによる影響のご案内(SoftBank)
http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/support/20150715a/

アップデートで対応可能機種に自分の携帯の
型式が入っているので、手動でアップデートを
試みると既に最新版にUP済みになっていた。
 
人騒がせな話だ。

でもいつ、アップデートしたんだろう?
という疑問が残ったけど結果オーライという事に

まぁ
ガラケイで使えるサービスが少しづつ終了してる事だし
そろそろ、スマホに換えるべきかなぁ

2015年11月 1日 (日)

カナエール福岡 スピーチコンテストのお知らせ

微力ながら応援してるNPOさんです。

私自身、ひょっとしたらお世話になっていたかも思うと
他人事にに思えなくて、出来る範囲で応援してます。
 
今年のスピーチコンテストには行けなかったので
次回はぜひ行きたいと思います。
 

以下、メルマガより転載

【カナエール福岡2016開催決定のお知らせ】
皆様のお力添えにより、2016年もカナエール福岡スピーチコンテストの開催が決定いたしました。
会場及び詳細を下記にお知らせさせて頂きます。

継続サポーターの皆様は、スピーチコンテストに無料でご招待させて頂くことができますので、
ぜひお日にちご予定を頂けましたら嬉しく存じます。

カナエール福岡夢スピーチコンテスト2016
◆日程:2016年7月3日(日) 13:00 ~ 17:00 頃までを予定
◆会場:黒崎ひびしん大ホール(http://www.kurosaki-bunka.jp/)

カナエール福岡実行委員会
福岡事務局 福岡市中央区大名2-10-1-A601(NPOスマイリーフラワーズ内)
北九州事務局 北九州市八幡東区中央2-16-9(オフィスクローバー内)
℡ 092-791-4371 Fax 092-791-4361
HP:http://www.canayell.jp/

2015年4月25日 (土)

「きびだんご」クラウドファンディング

ボランティアに興味のある方で

直接、行動する手段も暇もないけど

世の中に何かいいことしたい

いい方向に換えたいと

頑張っている人達を応援したいと思うひと

↓ここを一度観てください。

http://kibi-dango.jp/

ここで知ったネパールのプロジェクト

エベレストコーヒーを支援してるんだけど

今度の地震でどの程度、被害が出たか

心配です。

2009年6月25日 (木)

続・エンジニアの方々に

前回・紹介した文章の真贋に対しての
サイトを教えていただけましたのでここに掲載します。

理系の方々、ちゃんと読みましょうね

http://www.faireal.net/articles/6/12/#d20903

http://blog-imgs-29.fc2.com/r/a/i/rainy31/genpatsu_kensho.txt

レイニーさん、心からありがとうございます
原発関係の話でちゃんと回答してくださったのは
あなたが初めてです

私自身は反原発というよりは懐疑派だと思っております
(現状レベルでの再処理施設+MOXの稼動には反対ですが)
国内の原発を今すぐ停止したらとんでもないことになることは
理解しています。

九電だけでも平均50%以上は原発で発電された電力が市内に
供給されていて、夜間電力だと70%近くまで行っているはずです

しかし、原子力関係者の方々は大人しいというか
なぜもっと発信しないのでしょうか?

原発関係企業や国が絶対に安全だ系のCMばかりするから
そんなに安全なら東京湾に原発プラント船を浮かべたらどうだ
という記事を書いた際に、あったコメントは

原発を東京に作る馬鹿はいない
と言うコメントのみ

横須賀に、空母だの潜水艦だのたくさん寄港しているのなぜ?
という問いには無回答というありさまでした

例の文章はあらだらけなのでしょうが

日立でもグループの下方にいて、30年ほど前に久里浜の施設に
核燃料の外観検査装置(一部の設計に関与しました)を納入した
担当者(当時の上司)の体験談とあの文章にあることが重なった
ことも事実です

その後のバケツで核分裂事故にいったては
工程管理者が調合タンクのサイズ制限の意味を知らなかったとか
去年だったか、原発施設の納入品検査表の偽装などなど起きるたびに

どうしたら、原発をもっと安全な施設にできるか
代換のエネルギー源はどうすべきか、などなどの
現実的な議論より先に、止めろ、止められないという以外の
選択肢の無い議論になるは悲しいことだと思いますが

国や関係企業の広報が現状の調子だと・・・信用でないと
感じるのも仕方の無いことではないでしょうか?

特に最近の高レベル放射線廃棄物の地下貯蔵の話など
本当に専門の方々は安全だと言い切れるのでしょうか?

あの廃棄物に含まれる核種の半減期は何年でした?

数万年オーダーだと地殻が変化しますよね
大陸移動説もプレートテクトニクスは絵空事ではないはずなのに
まぁ、そのころまで人類が生き残っていないかもしれないけど

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter