日記 Feed

2017年9月18日 (月)

判断を誤った?

福岡市内では大した被害も無く台風が通り過ぎました

痛み止めにリリカカプセルを服用しているおかげなのか
いつもは、気圧に連動して疼く右膝の古傷が痛む事なく

いい加減止まって欲しいが、左手の感覚麻痺だけが順調
に進行中。

左手の親指・人差し指・中指の表面は24時間局所麻酔状態。
今日、対ゴキブリ戦中に誤って熱湯が左手に掛かった時に
熱かったから、温度感覚に関しては正常らしい。

でも、右手は時々電撃が走る程度で、表立った症状がない
この非対称性は普通なんだろうか?


先週、受診した大学病院の専門医が、症状の左右の対象性を
盛んに気にしていたので、後縦靭帯骨化症_症状非対称で
ググったけど、欲しい情報がヒットしないうえに

気のせいだと思うけど
夕方、かみさんの買い物に付き合っている時に
一瞬だけど、両脚から力が抜けて転倒しそうになったので
二ヶ月後からではなく、今週から手術を受けるための検査を
受けるべきだったかぁ?

ちょっと後悔してます。

2017年9月14日 (木)

後縦靭帯骨化症って何?

ご無沙汰しておりました。 

B系企業から脱出して
そのいい加減な経営の後始末を片付け・・・とりあえずひと段落して

市民税の過少申告や市民税課・健康保険組合・職安に対する
資格喪失届けの未提出による、いろいろな後始末のこと。

現在、B系企業に勤務している自覚のある方は退職時に
上記の3点の確認を忘れずに!!

幸いなことに、心房細動への手術も成功したようで
術後に服用していた抗血液凝固剤が不要になりそうになった
5月に新たな病を発症しました。

左腕の激痛から始まって左手に軽い痺れ、原因が解らないので
かかり付けの整骨院が推奨する整形外科を受診。
 
最初は私自身も検診した医者も、症状+既往症(腰椎ヘルニア)から
頚椎ヘルニアを疑っていたのですが、MRI検査後にいきなり
「後縦靭帯骨化症」の疑いが浮上して・・・

こうじゅじんたいこっかしょう」何それ?

診察室でいきなりネット検索する訳にいかず
おとなしく先生の説明を聞く羽目に相成りました。

そこで解った事は
頚椎を支える背中側の筋肉が骨に変質する病だという事
それって、どう考えても進行性のやばい病じゃないの?
とりあえず確定診断のためにCT検査の予約をして、その日は終了。

医療費の支払いを待つ間に、キンドルで検索して・・・う~ん?!
検索結果がこれ

指定難病69 後縦靱帯骨化症(OPLL)  
http://www.nanbyou.or.jp/entry/98

ここまでが6月末までの状況。

7月には
痺れの範囲が左の手のひら、小指を除く4本の指(手のひら側)に
広がって、左腕の痛み(大型犬に咬まれてる様)で寝不足に
右手の手のひらにも軽い痺れ。
手術(といっても対処療法レベル)を見据えて大学病院の紹介を受ける。

8月には
左手の痺れが手の甲にひろがり、鎮痛剤の服用を開始。右手は変わらず
心臓手術を受けた病院の整形外科を受診。
症状が左右対称に出てないので、再度のMRI検査を受けることに

9月になって
症状的には、右手の痺れは減少。するも小指を除く左手全体に痺れ。
親指、人差指の痛覚等の感覚を喪失。中指も先端から第二関節まで同様
左前腕・上腕の痛みレベルが大型犬一頭から2頭同時咬みつきレベルへ

先週、MRIに30分間も缶詰。(あの騒音の中でも寝れることを実証)

そして、今日あらためて検査結果を聞くために受診して
やっと、後縦靭帯骨化症の確定診断受けました。

それでも、左右の症状の出方が非対称すぎる事と
障害レベルが軽度なので、拙速に手術を施術する必要性が低いことや

医療側から見たら必要性は低いだろうという事であって
発症してから毎日、痛みと不快感に耐えている患者からすると
根治できないまでも、痛みはすぐにでも低減したいのだけれど

Twitterに先に書いた通り、首への手術は極力、避けたいので
術式を受けるかどうかの判断は、2ヶ月先延ばししました。


結局、痛みと不快感を我慢するのも、施術によるリスクを
一番受けるのも私自身だから、私の判断を尊重してくれる病院には
とりあえず感謝です。

2016年11月16日 (水)

3DCADの功罪 その2

前回は、愚痴を書きましたが、では、なんちゃって図面
しか書けないCADオペレーターから、うえに上がるには
どうしたらいいでしょうか?

文句を言われても今のままでいい。という方はさようなら
海外から日本に職場を求めてやってくる技術者に、近日中
にその席を取られ事になるでしょう。

生き残りたい方にお勧めの一番簡単な勉強方法は
1)自分で書いた図面をプリントアウトする。
2)粘土、またはクラフト紙を用意する。
3)プリントアウトした図面だけを見て、粘土等で
  縮尺模型を作成する。

斜方眼紙に縮尺した立体図を手書きする方法もお勧め
しますが、製図の基礎が理解できていない人には、模型
の方がいいと思います。

これを実践すると、ものを製造するときにどういう
寸法が必要か理解出来るはずです。

上司や先輩に教えを乞うのも大事ですが、基礎が出来て
いないと、どこが間違えているかすら解らないと、質問
が的外れなことが多く、答える方も大変です。

続く(かも)

続きを読む »

2016年11月14日 (月)

3D CAD の功罪

先週から客先支給図面読み取って部材の
重量を拾っているのですが、支給された
図面が酷い。

表題欄に三角法の表示があるのにも関わらず
展開されている部品図のレイアウトが全て
第一角法で記載されているうえに、詳細寸法
も抜けだらけ

担当責任者に相談して問い合わせしてみたが
返事がない。
相談した際に聞いたところでは、3D―CAD ベース
で作図して、自動で部品図用の展開と寸法記入を
しているらしい。

3D CAD の操作はできるけど、機械製図のスキルが
無い奴が作図してるのね。
工業高校一年生でも、もっとまともな図面書いてる
よ。

3DCADソフトが使えるだけで、図面らしきものが
出来るだけで、使える図面が書ける訳ではない
ことを理解してほしい。
 
結局、重量算出が済んだら支給されたPDF図面から
製作用図面を起こし直すということになったけど

最初の図面が無駄な作業だよね

続きを読む »

2016年11月13日 (日)

50代からの転職~その後

ご無沙汰しておりました。

9月末に退職&帰福後、無事に転職して
現在は北九州市にある職場に、地下鉄+JRで
通勤しています。

会社は変わっても職務内容がほぼ同一で、新たに
上司や同僚となった方々が、以前の顧客で知り合い
というのは、精神的に楽ですが通勤時間が長いのが
玉に瑕。
 
先週の博多駅前陥没事故は、事故の真っ最中に
何も知らずに博多駅を通過して、職場に到着後に
福岡市からの災害情報メールで知りました。
 
金曜日の架線切断事故も北九州市に向かう途中で
知る始末。想像以上に帰宅が大変だった。
 
これから先、情報収集の手段をちょっと考えないと
だめかなぁ
 
 

 

 

2012年8月16日 (木)

仕事・仕事・しごと(愚痴です)

今年の夏は連休なし。
ヘルプの設計の仕事で、休みが終わってしまった。

本来、図面検討をしていた同僚が、千葉に赴任する
前に、終わらせておくべき検討を途中で放り出した
のが原因。

私が千葉に赴任したときは、やりきれなかった仕事
は、PCと一緒に赴任先に持って行ったけど・・・
そういうことが出来ないヒトだったらしい。

せめて、「出来ずにすいません」の一言でもあれば
許せるけど、それも無しで手伝い要請したら逆切れ・・・

とりあえず明日も、根性なしが2ヶ月かけて検討したけど
、検討結果の引継ぎもしなかった仕事を進めないといけ
ない。
二人掛り、検討期間3日、図面化期間数日で仕上げる
日程。

奴は、どうやら、ずっと千葉で働くつもりらしい。

少人数の会社で同僚に迷惑かけて、謝罪もないときたら
職場の人間関係が以前と同じで済むはずはないだろうに・・・

それに、現状のまま、戻ってきても仕事は任せられない。

今回で何度目だ?の本人が招いた結果だけど、どうも
本人は、こいうことがわからない性格らしいから
こんなことは考えもしてないだろうね。

2012年5月21日 (月)

最近、妄想したこと

何やら、最近、中国からの露骨な内政干渉が
いろいろと続いているようですが、日本は
いつから、中国の隷属国になったのでしょう?

私は、いまだに米国の隷属国から脱して
いないとばかり思っておりましたが・・・

さて、あまりに露骨な干渉をお続けになると
またぞろ、日本の再軍備化だの核武装論が
復活することが大いに考えられることなのですが
中国はそれを望んでいるのでしょうか?

少なくとも米国は望んでいないから、占領軍の
駐留を存続させているはずなのですが

在日米軍が日本の防衛のために駐留している
などと、真顔でいう政治家がいまだにいますが
在日米軍の日本駐留の目的は、あくまで米国
本土の防衛のための前線基地だから間違いない
ようにして欲しい。

話を戻して、中国が圧力をかけるから
尖閣諸島を自治体が購入しようという動きはでるし
南沙で、中国ともめているフィリピンやベトナムと
米日が防衛協定を結ぼうという動きまで出ている。

どうせ、このブログは読まれることはないだろうけど
ひとつ、提言したいことがある。

何も、軍事だけが国を防衛する方法ではないのだから
フィリピンと軍事的な防衛協力の話をするぐらいなら
フィリピンのゼブ島の太平洋側の海岸を一部借用して
日本のロケット発射場を開設してはどうだろう?

種子島よりさらに赤道に近い分、打ち上げに有利な
はずだ。

ついでに、フィリピンに日本が持っている
液酸や固体燃料ロケットの技術供与を実施して
現地で「H2」や「イプシロンロケット」などを
製造できるようにすればどうだろう?

最初は、組立やノックダウンから始めることに
なるだろうけど、ロケット本体の輸送費も浮く。

あくまで、民生用の技術だけど、フィリピンが
最新のロケット発射能力を持つことの戦略的な
意味合いがわかる人達は嫌がるだろうけどね。

この話を持って行く国は、フィリピンが無理な
ら、台湾でも、ベトナムでもなんなら、インド
でもいいと思う。

2012年5月15日 (火)

帰福決定

かなり、ご無沙汰しておりましたが
ついに、福岡県に帰任することが決まりました。

と言っても、自宅に帰るわけではなく
千葉県から福岡県内の赴任先が変わるだけ

それでも、列車で日帰りできるところだから
精神的な負担は激減することでしょう

本日、引越しの手配と帰りの航空機の
チケットを手配しました。

自転車で帰福は実現できなかったけど
帰任するまで、何も起きずに済むことを
心から願っています。

2011年1月 9日 (日)

緊急入院

本日(1/8)の夕方、トイレで便器に鮮血で染めたため
福岡市の休日医療紹介センターに電話して

近所の胃腸科+αの病院を紹介してもらい
息子の運転する車で運ばれて、受診後に
即日入院。

下血する前に『Dr.HOUSE』を観ていなかったら
翌朝まで我慢していたかもしれない。
もっとも、この病は『Dr.HOUSE』では扱わないと思う

命に直接かかわる病気ではないため
苦しんでいる本人を前にして、家族も
診療にあたった医療関係者も顔が笑っていたから
でも、外来患者の病としては出てくるかもしれないか

その病名は、
座り仕事の時間が長い職業にとっての職業病?
ということで・・・
思いついた方はコメント欄にご記入ください。

ついさっき原因となった物体をやっと排出して
今、病室のベットの上でこれを書いています

明日は退院できそうですが、通院のため
千葉への帰還を、数日延ばさないと
いけないようです。

不幸中の幸い?かも

2011年1月 7日 (金)

中国版ステルス

新聞やTVのニュースで、中国が
次世代ステルス試作機の試験飛行を
準備していると報道されていたけど

映像を見る限り、JSFの空軍向けの
F35を双発にしたような機体デザインで

エアインテークの両側にカナード翼を設けて
いるのでは、ミラージュ2000の(殲10)の
アビオニクスを流用しているのかもしれない。

その昔、機動性の向上を狙ったCCV実験機には
米国も日本もカナード翼を装備していたけど、カナ
ード翼を必要としない機体制御技術を開発したから
日本のF2も米国の新鋭機もカナード翼を装備して
いないのだけど、その技術を中国は有していない?

動翼を増やすとその分の駆動系やら構造材で機体
重量が増加したり、整備箇所も増えるから

カナード翼で得られる機動能力向上などのメリットと
重量増加による性能ダウン分などのデメリットを
天秤にかけたら

カナード翼なしで同じ機動ができる機体制御システムは
中途半端なステルスより重要なはずだから、中国の機体
開発の順番は少々おかしいと思う。

もう一点、欧米日の次期試作機と違うところは、二次元
ノズルを採用していない点。離着陸性能だけでなく、
空中機動性能にも大きく影響する装備だ。

カナード翼を採用して、機体重量と空気抵抗を増加させて
いる分を、推力の方向制御で補うことができないのなら
飛行性能はどの程度なんだろう?

単機では勝てないF22を、数で凌駕するつもりなのだろうか?

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter