« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月 6日 (水)

不思議なものを見た

日曜の夜に仕事で遅くなった娘を車で迎えに行った帰り道
不思議なものを見た。
 
福岡市西部にあるN女子大横から、F大に向かって伸びる
2車線の市道を南に向かって走行中、進路前方にいつもは
荒い運転の地元のTAXが、ゆっくり走っているのが目に
入った。

普段なら、制限速度で走っているとアオリを入れるような
運転をする車両が多い会社のTAXが、制限速度を下回る
速度で走っているから、目についたのだ。

最初は客でも探しながら流しているのかと思ったけど
それなら中央寄りの車線ではなく、空いてる歩道寄りを
走るはずだし・・・
それにしても、制限速度50km/h対して40km/h前後は遅い。
身に覚えはないけど、嫌がらせか?
かと思いながら後を走ること数分、信号待ちでTAXの

真後ろに付いたときに、なんとなく気になってTAXの
車内を伺うと、人の形をした黒い霧のようなものが後席に
居るのが見えた。

人影かと思って見直したけれど、やっぱり、
人型の黒い霧が蠢いているようにしか見えない。

気持ちが悪いので、信号が青に変わって発進した後すぐに
車線を替えて追い越したけれど、かなり引き離してから
中央車線に戻ったところで、TAXが加速して車間を詰め
てくることに気がついた。
結局、次の信号でそのTAXが自車の真後に・・・。

キモイし気になるので、後席に同乗している私より娘に
「変なものがTAXに乗ってるから様子見て」
と頼んだのだけど、娘の目には普通の乗客が乗ってるよう
にしか見えないらしい。

でも、ルームミラー越しにTAXを確認すると、後席に
確かに黒い靄に包まれた中、白いお面のような顔の輪郭が
浮かんでいる人型の黒い霧にしか見えない。

おまけに、後部座席のシートカバーは街灯が当たって綺麗
に見えているのに、その黒い霧の当たりだけ焦点が合わない
感じで、見てると気持ちが悪い。

ドライバーシートに座るTAXの運転手さんの様子も
何となく落ち着きが無い様子で、時々、後席を振り返っている。

頭の中に「君子危うきに近寄らず。」とか
アクシズ教の教えでは「逃げるが勝ち」とか
そんな言葉ばかりが浮かぶので、信号が変わるとと同時に
加速して逃げました。

その後、何事も無く家に帰り着いたのですが、やっぱり
気になるので、翌朝の地元にニュースをチェックしましたが
TAXが行方不明になったとか、近所でTAXによる交通事故
などは出てなかったので
あの運転手さんは、たぶん無事なのでしょう。

しかし、いったいあれはなんなのだろう?

そして、これを書き上げてから、あの形態を見るのは
初めてではない事に気が付いた。
前回は自転車通勤してたころで、道路を這っているのに
遭遇したっけ
でもあの時は、人型では無かったよなぁ・・・。

一応、本編はフェクションという事にしておきます。
また、登場する人物・組織・存在等は架空の存在です
実在する人物・組織・存在とは一切関係はありません

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter