« 症状は安定 | メイン | お客さん、大丈夫? »

2017年10月15日 (日)

右手に異変

色々なニュースメディアで、製品データ不正問題を
報じられている某企業向け、設備の設計を進めている
最中に右手に異変が発生。
 
トラックボール愛用者にとって大事な親指に運動障害
が出て、細かいボール操作が思い通りにできません。
 
とりあえず、会社支給のマウスを再装備して対応して
ますが、長い事マウスを使ってなかったのと、程度の
アレな付属品マウスなので、脳が思う速度でCADを
操作できないため、かなりストレスを感じております。

ただ、火曜日から姫路に1泊の出張があるので
兵庫の酒でストレスを発散予定です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/34087839

右手に異変を参照しているブログ:

コメント

PGさん コメントをありがとうございます。

最近は、待ち時間:受診時間比が12:1の大病院のお医者さまより
1:10の街の整骨院の院長に、症状緩和の施術してもらって助かってます。

お仕事の件ですが
設計費無しで仕事をしろという所は客では無い思います。
いくらお客さまは神様でも、祟り神か貧乏神で邪神の類ですね。

転職して入社した今の会社では、そういう企業とはお付き合いしない
ような流れになってます。

もし受注しても、しわ寄せが下請けに行くと法律違反になって
摘発されるのは元受だけで、発注元には何のお咎めもないのと

PGさんの周りの方々と同じように、出入りの外注設計の社長さん達も
「価値を理解してくれる、昔からのつきあいのところだけにする。」
と言って実行してますから、無理な要求をして
下請けさん達が居なくなると非常に困ると解っているからです。

実際、無理な発注ばかりして、下請けイジメをしてきた
元顧客から最近、図面の依頼&設計会社の紹介伊依頼が直接
ありましたが、理由を聞くと
 
設計を引き受けてくれるところが見つからないという事でした。
自業自得ですよ。と言いたかったですが

今の勤務先ではアルバイトは出来ないのという事と
前回のドタキャンが原因で知り合いとギクシャクしたので
丁寧にお断りしました。
 
稼がないと生活できませんが
無理な発注ばかりする企業とのお付き合いは考え直すべきかと思います。
 
人の足元をみて、はした金で人心を引こうとする邪神が
泣こうが困ろうが、人が考慮する問題ではないと最近よく思います。

いつなおるかとか、落ち着くとか、はっきりしない体調が不安ですね。お察しします。

私も慢性の眼病持ちで、頭には爆弾を抱えていますので深く考えると不安でたまりません。

ストレスとか 興奮=血圧が上がる が良くないということですので、まあ、ここまでやりたい仕事をやってきたのだから 怒らない、怒らない と自分をなだめています。

家族もよくつきあってくれたものだと感謝、感謝。

それでも、腹の虫が収まらない時は、さっさと隣のバーミヤンに飲みにいくことにしています。
バーミヤンの紹興酒はいけますよ。ネットでもなかなかの評価です。

最近、悲しくなることがありました。
現場改造の見積もりを、お初の担当なので多少値引きして50万以下の数十万で出したのですが、設計費なしでを要望されました。

購入品は丸ごと支払いですし、加工品もほとんどは外注支払いなので現地工事費のみで、現場スケッチ(図面なし)と数日間の設計をやってほしいということでした。

上場企業でなんと情けない。それだからこの業界が老人クラブみたいになってしまっているのだと思います。

現場改造・専用機設計というのは、労働集約性が高いにも関わらずいまだに単価が実労働時間に見合わない。このことを理解してくれる企業が非常に少ない。

年配の設計者はどんどん廃業していっている中で、若者はこんな汚れる3Kな仕事にはつきません。
以前、若い子に、思っていたのと全然ちがう。もっとかっこいい仕事がいいと言われました。

ネットでみてもクリエイティブな仕事というと、ゲームクリエイターとか、パソコンを使った広告とかばかりで、機械設計は範疇に入りません。

機械設計は”ただ”という認識が変わらないならば、体調のこともあるし、そろそろ仕事もぼちぼちにして、年金半分、体をいたわりながら出来る分だけ引き受けたいと、皆が思ったらどうなるのでしょうね。


価値を理解してくれる、昔からのつきあいのところだけにするとか、私のまわりはそんな声がたくさんです。

こんなに図面というものは価値がないのかと思うと、自分の仕事が悲しくなります。故障だらけの体にも、労働意欲の湧く単価になることを切望します。


ついつい熱がはいってしまわれるようですが、神様がぼちぼちにして自分をいたわりなさいと病をくれたのかもしれません。

病でも得なければ、セーブ出来ない程、機械設計が好きなのかもしれませんね。
長文ですみません。どうぞご自愛下さい。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter