« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

来年は

来年の話をすると鬼が笑うというけど
残り数時間だから笑ってください。
 
来年は個人的にもちょっと変動が起きそうな
様々なことが年末にありました。
 
悩んでもしょうがないから
向かってくる、あれや、これやを
流れのまま受け止めて
 
出来ないことは出来ないいんだから
出来ることをしっかりやるしかない。
 
ということで
これを読んで下さる知人・友人のみなさま
来年もよろしくお願いします。

2015年12月23日 (水)

帰福準備

単身赴任先から帰福する際は
姫路駅から新幹線に乗るのだが

加古川の職場から定時退社して移動してから
みどりの窓口で切符を購入しようとするたびに
なぜか、切符購入者の長蛇の列に並ぶ羽目に
 
単身赴任で仕事の合間に帰省しようとすると
連休を利用する事になるから他の人達と日程が
被るんだろうけど

そして、 一度は乗るつもりだった列車に
乗りそこねた事もあったから、今回は事前に
切符の購入をしてきた。
 
ついでに駅近くの献血ルームで、今年最後の
献血をしてきた。

移動献血車より付帯設備が整っているから
買い物の途中で休憩したい時には
人助け&飲み物付で休憩できるから
一石二鳥でいいかも

2015年12月20日 (日)

仕事の愚痴などを・・・

単身赴任先で一人当たりの仕事量が半端ないので
いくら、作図する速度がに自身があっても
捌ける仕事量ではないから、外の業者殿に仕事を
振ることになるのだけれど

自分より若い方々は散々な結果に終わってきた所に
先輩の方が最近登場しました・・・が
 
こちらから細かい指示しなくても図面が上がって
来るのだけれど・・・

若者と違って、しっかり正確な3面図が描いてある
寸法線もばっちり、図に記入されている。
 
さて、問題点はどこに?

簡単な図面を例に挙げると 
 

Model


この場合、ナットの側面図無くてもモノは作れるし
(作れないという業者には仕事任せられない)
取付でも部品形状は理解できるから
六角の図は描かないのよ。作図上、時間の無駄と言われます。
なのに、この先輩は描いてくる。
 
こんな感じで、もっと複雑な部品の図面に
製作上、不要な側面図等が一杯、描き込んである
当然、重複した寸法線も一杯、描いてある。
 
で、こういう状態の図面は非常に見にくい
ということになるわけで、上司チェックがまず通らない
この後、困るのは作図費用の査定なんだよね。
 
作図に掛かった時間で費用を払うから、たまに
故意に不要な図を書き込んでくる業者さんも
居るにはいるけど
 
今回は、チェックバックで消せと指示しても
消さずに描いてくるから、
どうやら、消せない病らしい
 
不要な図のせいで図面枚数が増えてるし
こちらの指摘も大半は無視するという事は
チェックバックしてるこちらの時間まで
無駄に使っていると気付いていないご様子。
 
ただ、図面内のミスにひとつひとつ
個別に細かい指示を出すと対応できるから
前の若い奴よりマシなんだけど・・・

細かい指示を出すために、送られてきた
CADデータを開いて、細かいチエックしてたら
自分で修正してるようなものだから

ざっと観て、同じミス多かったら1・2点を指摘して
他にもあるから見直してと指示すんだけど
指摘した箇所だけ直して・・・ベテランの仕事じゃない。
 
ひとつ指摘されたら、類似の箇所を自主的に
見直して修正するという行為が思いつかない
らしい。

 
さらに、図面の仕上げ参考用に寸法違いの、ほぼ
同系統装置の部品図データも支給して、
このデータをベースにコピペ&ストレッチで
作図してと説明までしたのに
 
顧客の仕様や要望は二の次にして、
描きたいように描きやすいようにしか
作図できませんでは次の仕事は出せないし、
頭が固すぎでは?

私より経験年数が上なのに・・・?
柔らか過ぎるのも問題かもしれないけど

せめて客の話は聞こうよう
 
社外で外注として一人親方で細々やってはる人と
遠方から、ぜひにと呼ばれて、客先の一員として
仕事してる自分との差はこんなところにあるのかね?

2015年12月 9日 (水)

ヌートリアと再遭遇

Pc080010

帰宅のためバス亭に向かう途中で またまた、ヌートリアと遭遇。

前回の個体より小振りだから
別の個体なんだろう。
 
神鋼加古川製鉄所正門のすぐ脇で
簡単に遭遇するってことは

かなりの個体数が製鉄所の堀割りに
住んでるのかなぁ?

Pc080014

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter