« 安保法案の報道に疑問 | メイン | 雲 »

2015年7月26日 (日)

タンスターフル

自宅での仕事の前に、先週に引き続きの話
今週は特に、安部さんの説明ベタにイライラしたので
 
海洋進出と海底資源を求めて領土(領海)の
拡張を進める中国の脅威。
竹島を武力で実行支配した前科持ちの韓国が
ここに来て声高に言い出した対馬の領有権主張。
 
等々、日本の周辺はとても平和な状況とは言えないことや
 
これらに対応するために、自国で防衛(戦闘)力を上げる
よりも、ここは集団的自衛権を持つことで、日本が保有す
る軍事力(装備)をさほど増強しなくても、抑止力を向上
できることを説明しない。
 
国会で自衛隊の派遣範囲に関するヤトウの質問に対して
中東なんかを例に挙げずに、地域を限定しないことが
抑止力の向上につながる、となんで説明しないんだろう?
米軍が何故、核兵器搭載可能艦船が核弾頭を積んでいるか
積んでいないかを明言しない理由がコレ。

  
こんな最近の安保法案に関するいろんな報道を見ていると
冷戦時代に、「安保タダ乗り理論」で米国に叩かれことを
思い出しました。

当時も、今も、日本が米軍駐留費のかた代わりや不平等な
地位協定に、日本領空の管制権等を米軍に差し出している
のに、タダ乗りと言われたのはなぜでしょう?
 
反安保派の人達が言う
「戦争に子供たちを送り出していけない。」正論だね。
じゃ、米軍の兵士なら日本を防衛すために戦地に行っても
いいの?

戦後、日本を武装解除をさせた米国が、ここに来て、
日本に2度目の防衛力の強化を、言外に要求してる理由を
マスコミや専門家といわれる人達や政府(安部さん)は
なぜ説明しないのでしょう?
 
タンスターフル:「無料の昼食なんてない」と言う意味の
「There Ain't No Such Thing As A Free Lunch」の頭文字
を綴ったもので、ハイラインの「月は無慈悲な夜の女王」に
出てくる仮想月世界の世界観を現したたとえですが
 
世界には、お金では買えない昼食もあるんだよね。
 
さらに、日本が自国防衛のために血を流す決意したとして
も実際に、日本周辺有事の際に米軍が介入するか、現状で
は疑問だけど・・・

もし、自分が日本に攻め込む立場だとした場合
安保体制が現状のままだったら、米軍介入を避けるために
在日米軍基地には手を出さない。また、そのことを明言
する。
沖縄知事殿へ、米軍基地の近所の方が安全場合もあるん
ですよ。

日本だけが相手なら2国間の紛争でいい訳できる
この手は今まで、米・ロ・中・イスラエルが使ってきた
常套手段。
 
また、昨年の米中会談のことを忘れている人が多いの?
「米中で太平洋を半分つづ」的な話が出てたでしょう。
だから、米国一国だけを相方にした安全保障では不十分
なんだよね。(米国を信用してはいけない)
 
ここまで書いて思うのは
こんな説明は防衛省や外務省に居る、私なんかより遥か
に凄い学歴と、頭脳を持ってる賢いキャリア官僚なら
数字や過去の詳細な事例を挙げて、首相にレクチャーで
きるでしょう?してないなら給与ドロボウだね。
 
さて、自分に出来る事をして
日本の産業界に微々たる貢献をしましょうか

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/33488679

タンスターフルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter