« 安保法制に関して色々と | メイン | 失敗&リカバリー »

2015年7月 4日 (土)

仕事に必要な資質

久しぶりに本ブログにふさわしい内容を
 
先日、単身赴任先で私より先に派遣で入っていた
設計外注の20代の若者が職場を去りました。
 
とりあえず、前職では自動化されたソフトを使って
配管構造検証をしていたらしいが、できることは
なんとかCADの操作のみだから
当然、辞めた原因は仕事に不適合でした。
  
図面を描かせると、手が遅いうえに何度も間違える。
図面上のミスを指摘しても、自力で直せない。
現場スケッチをさせると、測定ミスやら洩れが多く
一回で済むはずスケッチが複数回必要になる。
トドメが、スケッチのCAD化に際して、自分で
スケッチしたのに、理解できない箇所が出ると
描きやすいように、書き換える。
 
何度、注意されても、社員限定の勉強会に特別で
参加させてもらっても、スキルが上がらない。
 
こうなると、使う方も使われる方も不幸だよね。
設計外注なのに、模写以外の図面仕事を任せら
れないんだから(模写:トレースのこと)
 
結局、本人から退職願いが出て所属会社に戻る
ことに・・・。
顧客さんがなんとか引き上げようと頑張ってく
れた努力と金と時間をドブに捨てたような・・・
 
赴任先に派遣での契約だったから、派遣解除で
失職という派遣労働の危うさを、処遇は依託扱
い(一人親方)で首の皮一枚つながった状態。
 
それでも大丈夫かなぁと、元職場の皆が心配
してくれるキャラだけが救いなんだけど。

私や客先担当と同様に、工業高校機械科卒だから
工作機械や機械要素に関する最低限の知識はある
はずだったけど・・・
 
以前にもここに書きましたが、機械設計の範囲は広い。
産業的に言うと航空宇宙産業からオモチャまで
PCだって筐体は機械設計図面がいる。

内容的は構造物(建築だろう思うほどの構造物)・
配管・動力伝達機構のほかに、物を動かすところには
必ず必要とされる。
 
実際は、所属してる製造会社によって担当範囲が
違いすぎるくらい違うので、同じメカ系設計者でも
会社が違うと話が合わない事もある。
でも、共通する必要な資質があると思う。
 
その必要な資質は、機械設計に限った話ではないと
思うけど、この仕事を続けるには大事な資質だと
私は思います。
 
私が思うメカ系設計者に必要な資質
1)機械に対する好奇心・知識欲・向上心
2)空間認識力(3次元に部品の位置を把握するため)
3)論理的推理力・創造力
 (既設改造以外は無から構築しないといけないのと
  設計ミスすると人命に関わる事もあるから、未来
  予測の能力はいる)

4)数学(幾何学は必須。計算力も・・・)
5)コミュニケーション・交渉能力
 (顧客や部品メーカーと仕様打合せできないと困る)
6)年齢に関係なく、人の忠告を聞き入れる広い心。
 
後は、この仕事がやっぱり好きなことだろう
職場を去った若者に送別会の時に尋ねたら
この仕事が好きではなかったそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/33462813

仕事に必要な資質を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter