« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月22日 (水)

アンビュランスに・・・

今朝、右側背部に疼きを感じながら出社したところ

職場を目前にしたところで、疼きが激痛にかわり、どうにか

ロッカールームで着替えて、自席にたどり着いた時には

全身から脂汗が出るほどに激痛になっておりました。

 

激痛に襲われながら、痛みの場所から尿路結石だろうと

自己診断して、先に出社していた若者に近所の病院を

検索してもらい、開院にあわせて通院を画策していたところ

出社してきた職場の責任者が、速攻で119に通報してくれ

まして、都合4度目のアンビュランスにて搬送となりました。

 

患者(本人)が結石だって言ってるのに、既往症の胆石と

ヘルニアの確認をしようとする医者に、痛みの場所が違うと

訴えて、とりあえずCT検査へ・・・

見事に石が写っていたそうです。

(私はCTの結果を見ておりません)

それにしても 

噂に聞いてはいましたが、尿路結石の激痛はすごい。

普段、鎮痛剤は極力使わないほうですが、今回は

鎮痛剤の薬効に感謝です。

  

今、痛み止めで激痛を抑えてますが、まだ、原因となった

石が排出されていないため、痛み止めの効果が切れたら

と思うと、かなり恐怖です。

2014年10月14日 (火)

ところ変われば2

今回の赴任では通勤はバスと徒歩がメイン。

自転車(ジャイント製)は娘が使用中のため、兵庫には

折りたたみ自転車(左腕をブレイクした前科持ち)を持参

してますが、宿から職場までの通勤経路の道路が危険

すぎて使う勇気がまだ湧かない。

 

危険を感じるの内容は次のとおり

1)最短ルートの道路が狭い上に通勤時間帯の交通量が多い

2)1)かかわらず、路側帯を逆走する通学チャリが多すぎる。

 (違法行為なんですけど)

この辺りの高校はチャリ通の生徒に安全教育をしていない

のでは?と思う。歩道も徐行せずに飛ばしてるしね。

(これも違法行為)

3)子供の飛び出しが多い。

 住宅街を抜けるルートも発見した(歩いて)が、こちらが

 加害者になりかねない。

 歩いていて、飛び出してきた子供に何度かぶつかりそう

 になった。

4)最大の原因は車両の右折左折の仕方。

 歩行者が(自転車含む)横断歩道を渡っているのに、右折

 左折してくる。(初日につま先を惹かれそうになった。)

 これは、関西圏の特徴なのか?奈良でも同じ目にあった。

 福岡も運転が荒いけど、歩行者が横断歩道上にいたら

 手前で止まる車の方が多い。こっちは止まる車が稀。

  

無傷で帰省するために注意はするけど、なんか嫌な予感が

するんだよね。路側帯を歩いている歩行者に幅寄せるような

お土地柄みたいだし・・・

2014年10月13日 (月)

ところ変われば

今日は赴任先で台風に遭遇。

休日は、自分の足と自転車しか移動手段がないので

この悪天候では宿から出る気も起きず、暇つぶしに

お持ち帰りした仕事をしつつ、TVで台風関連ニュースを

見ていたら、JR西日本が関西圏では初めて、

天候の悪化前に列車を全停止させとか・・・

九州ではだいぶ前から普通に、事前停止してたよなぁ

ところ変われば、いろいろと対応が違うのね。

2014年10月12日 (日)

祭り

祭り 単身赴任先の宿の近所で祭りをやっている。
フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter