« ふ・ふ・太った?! | メイン | 秋なので »

2014年7月30日 (水)

ゴジラを観て(ネタバレ含む)

封切り日の翌日に長女(アクション映画好き)とゴジラを観た感想・その他です。

あくまで個人的な意見を、多大に含んでおりますので

意に沿わない方がいらしたらご容赦ください。

 

さて、映画を観て感じたことを長文になりましたが書いてみました。

 

1)米国人は日本に対して、富士山の麓に東京並みの大都市があって、

 さらに大都市近傍に原子力発電所があるというイメージを持っているのだろうか?

 放射線大好物のムトー(♂)に原発が襲われる前の映像を観た瞬間に笑って

 突っ込み(心の中で)を入れていまった。

 残念ながら、日本の原発はとりあえず事故がおきても影響が最小限になるように

 東京などの大都市から離れた人口が少ない田舎に作られてますわね。

 以前、「TVCMで言ってるほど原発が安全なら東京湾に原発をつくったらどう?」

 とブログに書いたら、原子力関係者から「東京に原発をつくるバカはいない」

 とコメントをもらいましたが、東京湾内に原子炉を搭載した艦を入れる**は

 いるようで・・・・

 首都圏近傍の原子力関連施設で米軍管轄の場所といえば、横須賀の米海軍基地

 があって、原子力推進艦が入港してますわね。

 というこで、東京湾(横須賀)に入港した原子力空母の原子炉が怪獣に食われる

 設定の方が話題性は高かったかも、でもこの設定だと国防総省の協力は

 得られないか?

 3.11の福島のオマージュを映画に入れるなら、危険度は横須賀だって変わらない

 と思うけどね。そういや、核燃料工場も三浦半島にあったね。

 
2)日本人も知らなかったびっくり、十数年前は日本の原発は米国人が管理してたのか?

  しかも、女性が高レベル施設に入る?

 
3)最初に出てくる怪獣ムトー(♂)の体細胞はビオランテの時のようにバイオメジャーが

 欲しがるでしょう。原子炉格納容器が破壊された原子炉が放出するはずの放射線レベル

 を自然放射線以下まで下げてる。
 

 主人公が親子で立ち入り規制区域に入った時に核物理学か原子力工学の博士らしい

 オヤジさんが放射線検出器を取り出した際に放射線レベルが0だった。


 そこまで放射線と放射性物質を遮蔽・吸収できる生物組織が現実に存在したら、その

 価値はどれほどのもだろう?生きたコスモクリーナーDと言えるんだけど、都市をひとつ

 失ってもペイできるほどの価値があると思う。

 世界中で困っている高レベル放射性廃棄物の処理が簡単にできんだよね。

4)空飛ぶ怪獣ムトー(♂)はなぜ、海中のアクラ級原潜を攻撃する前に、空母機動艦隊を

 襲わなかったのだろう?

 ゴジラが来る前の、移動時間を考えると空母サラトガの艦隊の方が近いところに居たは

 ずなのに・・・核ミサイル丸かじりするくせに原子炉のタイプに食わず嫌いがあるのか?

 しかし、原子力空母の方が原潜より大きい原子炉を搭載しているし、海上に浮かんでいる。

 また、その護衛艦隊の中にも原子力推進のイージス巡洋艦がいたから、獲物は選り取り

 みどりだったはずなんだけど?

 ストーリーの都合?それとも海軍のやられキャラはロシアにおまかせ?

 そういや、昔のゴジラ(3作目)でも原潜を襲ってたなぁ
  
5)F22は別にして、重力落下式核爆弾の投下能力を持ってるはずのF/A18が電磁パルス

 食らっただけで、ああも簡単に墜落していいのか?

 それから、F22がバラバラ落ちてたけど、電磁パルス攻撃が予想される状況下で、今の米

 軍が高価なハイテク有人機を飛ばすか?

 ということでリアルさを追求するならば、落ちてくるのはF22より安価なプレデターではない

 かなの?

 無人攻撃機では画がさびしいから?それとも、プレデターでは中東方面や他のところで

 悪名が高すぎかい?
 
6)ゴジラのオアフ島上陸の際には津波が発生したけど、サンフランシスコでは津波の痕跡

 すらなかったのはなんで?(オワフの津波シーンは3.11のオマージュ?)

7)オマージュついでに主人公が怪獣の巣を焼き払って、ママムトーににらまれるシーンで

 イグアナもどきを思い出して吹き出しってしまったけど、このシーンはハリウッド版前作への

 当てつけのシーンかいな?

 幼獣がワラワラ出てきて、人に襲いかかるホラー系よりはこっち方が怪獣映画としては

 いいと思う。
 
8)ゴジラに寄生する怪獣の本体(ムトー夫婦)がゴジラと同サイズというのはどうだろう?

 現世の生物界でいうと寄生する生物の方が、体積・重量的には宿主生物より小さい。

 でかいのは・・・強いて言うなら托卵するカッコウぐらいか?

 そうなると寄生生物というより、ゴジラのライバル・天敵として扱うべき存在なのだろう。

 だから、ゴジラがつぶしに現れたという設定・ストーリなのか?

 太古の昔にゴジラに寄生していたらしい程度の説明で映画の中ではそれ以上、明確

 にされていなかったけど・・・

 一緒に映画を観た長女がレギオンやパシフィックリムの怪獣になんか似てると言って

 ましたが、収斂進化の結果ということで・・・

9)今回のゴジラが吐くあの光線の迫力はゴジラ映画の中ではピカイチ!しかし、あれは

 光線?それともガス?

 札幌での対レギオン戦の平成ガメラのように息を吸込んでいたから、ガス(吐息)かなぁ・・・

 ブルーでロケットやジェットの噴射ガスみたいだったから、次回作では、光の中にマッハ

 コーンを入れて噴射ガスの高速度感を出してみてはどうでしょう? 

 

10)ラストの方でゴジラが起き上がると周囲の人々が驚くシーンがるけど、あのサイズの生物

 が気絶して倒れていたとしても、側に寄れば心音くらい聞こえるでしょう?というか、放射線

 大好き怪獣がたかるほどの放射線レベルのゴジラの側で防護服やマスクも着けないで

 救助作業していいのか?

 ゴジラの心肺機能がどうなっているのかわからないけど、光線を吐く前に深呼吸してたから

 肺はあるんだろうな

11)怪獣映画みていつもがっかりなのが今回も・・・

 有効射程がキロ単位のM1A1をわざわざ、機動するスペースのない橋の上に配置して

 零距離射撃するの?

 移動射撃能力も高いから湾岸戦争では、穴の中にダックインしてるロシア製戦車を

 アウトレンジでほぼ一方的に破壊したんでしょう?

 それをゴジラサイズのでかい目標相手に零距離射撃はないだろう?

 まともな戦術指揮官なら、海軍の艦艇や陸軍の偵察・観測ヘリを使って、着上陸前に

 射程20km以上あるMLRSや203mm榴弾砲で間接攻撃するでしょう普通は・・・。

 それは海軍も一緒、狭いサンフランシスコ湾にイージス等の遠距離攻撃能力を持つ艦

 を密集させて近接攻撃?そういや、攻撃や防御の機動用に広い海域を必要とする空母

 まで湾内に入れてたなぁ、近代戦を戦う指揮官として失格だよ。

 ここでは、イージスに遠距離からハープーンの同時着弾攻撃(異方向からの飽和攻撃と

 いうやつ)させて、その直後に、最近、出来たての沿岸域戦闘艦(LCS)に高速機動で肉薄

 攻撃させるとか(3D向きでしょう?)開発中の艦載レールガンの試作品を引っ張りだすと

 か・・・これは別の映画で紹介済みか

 ならば、ムトー♂を弾道弾ミサイル迎撃用のレーザー搭載機で攻撃してみるとか、米国製

 の映画なんだから、自衛隊にない米軍ならではのハイテク攻撃を見せて欲しかったな。

最後に、もう一度映画館に行きたいと久しぶりに思った映画ですが、やっぱり主人公は

不死身なのね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/32368623

ゴジラを観て(ネタバレ含む)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter