« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

2012年2月28日 (火) 独り言

2012年2月28日 (火)

2012年2月27日 (月) 独り言

2012年2月27日 (月)

ぶち切れレベル表

久しぶりに職場で切れました。
残業手当を申請できないからといって

残業手当がない年俸制の外注ひとりに、
土日2日間に渡る休日出勤を押し付けて
てめぇはしっかり休日を楽しんだ野郎が
いたからです。

月曜の朝、ぶち切れレベル3.5で物申しま
した。
ぶち切れる前に肝心なことは、依頼された
仕事は完了しておくこと。

仕事をする前や、途中だと
話を真剣に聞いてくれません。いや、
仕事をさぼりたいと取られかねません。

自分が休みたいから、立場の弱い他人に
仕事を押し付ける奴は、ほぼ100%
自分がそうだから、他人もそうだろう
と考えて他人の言動を評価します。

ところが、仕事を完了して結果を渡す前だと
だいたい、真面目に話を聞いてくれます。


私の場合、仕事の結果はプリントアウトした
図面とCADデータだから、破棄は簡単だもんね

物申す時には、図面の上にコーヒー入りコップ
を置いたり、CADデータは個人的に暗号化して
納期間際に話をはじめると

なぜでしょう?

ほとんどのみんさんが、とても素直に話を
聞いてくれます。

聞いてくれない人はどうするか?
図面もデータも渡しはしましけど、
渡す時は、レベル4を実行してからにします。

これでも、職場での評価は
頼まれたら嫌と言わない頼りになる
優しい人だそうです。

まぁ、最近は滅多に職場で暴れない物申すこと
をしないからでしょうけど

世の中、優しい人の方が怒ると・・・なのね

もっとレベルを上げて
王蟲のように怒りに、我を忘れるられると
ストレスは溜まらないだろうなぁ


ぶち切れレベル表 レベル1:心の中で毒ずく(普通にある) レベル2:周りの物に当り散らす(年に数回) レベル3:普通の会話レベルの音量で      物申す。(数年に一回) レベル4:周囲の人の手が止まるレベルの      の音量で怒鳴り散らす。(十数年に一回) レベル5:問答無用で、ど突き倒す。(DV野郎相手に一回だけ)

2012年2月26日 (日) 独り言

2012年2月26日 (日)

2012年2月25日 (土) 独り言

続きを読む »

2012年2月25日 (土)

スマホ考察

今時、スマートフォンを使用していないと
(使いこなせている人がどれ程居るのかわからないが)
時代遅れ扱いされるようだ(笑)

では、スマートフォンとは何だろう?
携帯電話の進化形ではないと私は思う。

あのデザインは、どう見ても耳に当てて
通話することに向いているようには見ないからだ。

また、対アンドロイド向けのウイルスが増えている
という、去年のニュース解説記事にコメントしていた
スマホ関係者の言葉によれば、

スマホは携帯電話ではなく、あくまでダブレット型
PCに通話機能を持たせたものなので、通常のPC
と同様に、ユーザーがセキュリティソフトの導入を
するものらしい

セキュリティをユーザーが用意するものという考え
方は、個人的に反論したいことが山ほどあるけど、
それは別にして、スマホが移動体通話ができる超小
型PCということなら 使い慣れた、モバイルノートPCと通信料金の安い、 3GポケットWi-Fiを所有して、通話はたまにスカイ
プ、大半はバッテリー充電を忘れるほど、電池が長
持ちするType-Xで済ませている私にはスマホに対し
て、あまり魅力を感じない。 しかも、仕事は図面が必要。、あの画面サイズで図
面を見れるのかな? エクセル・ワード・PDFの開閉で仕事が済むなら まだいいけど、タップ操作でCADを操れる? それより、スマホのOS上で動くCADソフトは 存在しているのか?の方が心配だ。 そうなると、小さくて処理能力にも限界があるとは
いえ、モバイルノートと小型トラックボールを使っ
た方が、まだストレスが少ないと思う メールを打つのも、やっぱりキーボードの方が私は
楽だ ノートPC+ポケットWi-Fi+携帯電話を、スマホ
一台で代用できると剛言される方もいるけど・・・ 私に無理だ

しかし、LISMO!で有料とはいえ、関東にいても福岡
のラジオが聞けるのは、魅力だわ
これを教えてくれたプローブ君ありがとね。

radikoもこれやってくれると、スマホを買わなくて
済むんだけど

2012年2月24日 (金) 独り言

2012年2月24日 (金)

2012年2月23日 (木) 独り言

2012年2月23日 (木)

2012年2月22日 (水) 独り言

2012年2月22日 (水)

2012年2月21日 (火) 独り言

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter