« 2011年11月16日 (水) 独り言 | メイン | 2011年11月17日 (木) 独り言 »

2011年11月17日 (木)

コスモクリーナーD

昨日、Twitterで
誰か、コスモクリーナーDを発明・開発・実
用化してくれないかなぁ

と呟いたけれど、仕事の気分転換にちょっと
考えてみたら、コスモクリーナーDが実在して
いる仮定して、その使い方を妄想していたら
その装置が持っているはずの機能は、それ
だけで戦略兵器になることに気が付いた。

コスモクリーナーDの機能は、地上から放射
能を除去することなんだけど、放射能を除去
するということは、放射性物質から放射線を
放出する能力を奪うのか、放射性物質その
ものを何処かに移動させることが出来るとい
うことになる。

波動エンジンで異次元空間に艦を放り込んで
空間を飛び越える技術の延長で考えるなら
通常の非放射性物質と放射性物質を選別し
して、放射性物質だけを亜空間にポイできる
装置と考えられる。

そこで、この装置を現代の日本で稼動させた
場合に何が起きるかを想像してみよう。

まず、福島を始め、原子炉格納容器の外に
放出されてしまった、放射性物質が、地表や
大気中から消えてしまう。めでたしめでたし

それから、放射線治療用や建築物などの検査
で使われている線源も消える。ちょっと困るぞ

さらに、各地の原子炉内や核燃料工場、再処
理施設から、放射性物質である核物質が消え
ていく。純度100%のU238とかだけが残る。
エネルギ危機の発生だ

地上の原発が停止するなら、各国の原子力推
進艦も、その動力を喪失して海上を漂うことに
予備のディーゼル機関が大活躍

ということは、米軍ご自慢の劣化ウラン弾から
劣化ウランも消える。当然、ICBMだの巡航ミ
サイル等等の核弾頭も無効化されてしまう。

それどころか、地下や海水中の放射性物質も
消えてしまうとしたら、究極の脱原発マシンだ。

イスカンダルからコスモクリーナーDを持ち帰っ
て、地球上でコスモクリーナーDを稼動させた
後の地球では、何をエネルギー源として使用
したのだろうね?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/27463457

コスモクリーナーDを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter