« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

夏風邪は厄介なり

先週の土曜に発熱して、日曜も夕方まで
寝込んだ今回の風邪。

月曜に会社に出たはいいけど、会社で
薄っすら寒気をじながら、なんとか仕事
をこなし

火曜日には、寒気が酷くなったけれど
根性で仕事をこなして帰宅。
よせばいいのに、就寝前に体温を測ったら
38度オーバー。完全にぶり返し

水曜日は、事務所ないで唯一、冬服を
着込んで、震えながら仕事して
3日ぶりに、喉にいい日本酒を飲んで
早めに就寝。

まだ、喉が、少々痛いですが
本日やっと体温が復調。

まこと、夏風邪は厄介です。

みなさん、お気を付けください

2011年6月27日 (月)

(続)デアゴスティーニの術中にはまる

熱が引いたところで昨夕、『謎の円盤UFO』の
第一話を鑑賞しました。

う~ん、特撮や設定はいいのだけれど
大人になって見直してみると、THと一緒で
登場人物とメカの紹介で、第一話は終始する
が普通でしょうか?

メインキャラえ登場していないのは、月面で遭難
して、宇宙人と彷徨い歩くことになるフォスター大佐だけ?

このエピソードが私は好きです。あと、水中型UFOと交戦
して沈没したスカイダイバーから生還するための・・・とか
時間を止められた司令部を守るためにストレーカー司令
官が孤軍奮闘する・・・とか。スペースデブリ(1960年の
後期にこのネタ)に隠れたUFOをいぶりだすために、シャ
トルを囮にしてインターセプターで爆破するなどなど
数話ですが記憶に残っています。

日本の最近のSF系アニメが登場人物と世界観
を説明するのに、何話使うだろう?

説明など一切なしで、見てるうちにあ~・・・という
番組の方が多いと思うから、ある意味では昔の
作品の方が親切なんだけど、第一話のストーリー
が断片的で、編集に問題を感じてしまう。

作中で気になった点は、UFOが接近中に
シャドー司令部のレーダーが、大写しなるのだけ
れど、司令部はロンドンに在るのに、そこに映って
いるのは、ブリテン島ではなく日本の地形図。

カットの仕方からすると、日本での放映用に差し
替えたものだろう。各国版ごとに差し替えていたのかも

ちょうど、ショーン・コネリーの007がヒットした後で
イギリスがメインの輸出品目として、映画と音楽に
力を入れていた時期だったはず。だからなのか、
作中の冒頭で、007的な、そんな雰囲気が少々。

だいぶ記憶が飛んでいるから、2作目以降に期待かな

2011年6月25日 (土)

デアゴスティーニの術中にはまる

TVのCMで、デアゴスティーニが
『サンダーバード』と『謎の円盤UFO』の
シリーズのDVDを出すとやっていたけれど

私らの年代の男子は、あのフレーズを聞くと
たいがい、さんだーばーど~と歌えるわけで
間違いなく、パブロフの犬状態。

購入しようか迷っていたら、同級生の彼
ミクシーで薦めるから購入してしまいました

昨晩から、どうも夏風邪が悪化していたけれど
購入したからには、観ないとね。最初の印象は
これが第一話だったのか?

再放送が何回あったか覚えていないけど
ようは、リピート状態で観ているから
いきなり『キラ~ノ』から始まるとは記憶になかった

いまになって見ると、この冒頭だと、とても
このシリーズのギミックとは相容れない雰囲気から
スタートしていんだね。

さらに、国際救助隊が呼ばれもしないのに
出動するのはこの第一話だけだったかなぁ
呼ばれないと出動できないというルールがあった
ように記憶していたのですが・・・

それにしても、あの秘密基地のシーンだけで
50過ぎのオヤジがニタニタしてしまうのは
なぜでしょう?いや、凄いと言うべきでしょうか

そこで思うのは、話の設定でサンダーバードの各機
の構造を秘密にするのはいいけど、誰が造った?
開発・設計はブレインがしたと言っていたけれど

製造業に関係している私から見ると、部品の加工
から組立までトレーシー一家だけでできるのか?
素材の生産までできる、FAや精錬設備がトレーシ
ーアイランドのどかにあるのでしょうか?

いや、そもそも、50過ぎのオヤジを少年に戻す
あの基地設備を、誰がどうやって建設したんだ?
ブレインはロケット工学だけでなく、土木にも詳しい
のだろか?これは、子供の頃から疑問です。

ここはひとつ、ピラミッドや月面基地の建設費を
見積りした、清水建設さんに見積りをお願いしたい
必要な作業者の人数まで算出してくれるとありがたい
膨大な人数が建設に関わったはずのだけど

建設に関わった全ての関係者にどんな口止めを
したのだろう?

写真を撮っただけで、警告無しでマシンガンで銃撃
するような組織だから、ひょっとしてトレシーアイランド
の地下や近海には、無数の骸が・・・・

どうも、風邪の熱のせいで思考がダークな方に・・・
こっちへ誘導したのは『ジョー90』のせいだ

いま想えば、9歳にして銃で人を撃ったり、爆破したり
とんでもない番組なんだよね。

でも、ポケモンと一緒で、サンダーバードでは
たとえ悪人でも、人が死なないんだよ。

もうひとつ、をヲタクねた

『エアポート75』のスーパースタリオン・ヘリからB-747
のコックピットの開いた穴に移乗するアイディアは
ひょっとして、このTB第1話から持ってきたのか?

まぁ、デアゴスティーニの術中に落ちたのだけは
確かのようだ

2011年6月24日 (金)

作図が続く

千葉での仕事上、図面はチェックのみで
作図作業はあまりしてはいけないことになっている
他にもやるべき仕事がたくさんあるから
作図だけに時間をかけてはいけないのだけれど

それでも、今回は緊急事態ということで
他所で書かれた図面をチェックしつつ、
修正部分を作図しているのだけれど、不思議だわ

自分で作図したら、気が付かないかもしれない
小さい作図上の反故を、他人の描いた図面だと
見つけてしまうから・・・

見つけたら、修正するしかないから

最初のチェックは何だった状態で、予想以上に
修正が増えて、明日は久しぶりに休日出勤です

こちらで修正する分と、作図元に返却する分の
仕分けが明日にメインのお仕事になりそうです

2011年6月22日 (水)

楽しい仕事

久しぶりに、朝から晩までCADで図面の
修正&作図仕事が回ってきました。

仕事をしていて、あっという間に時間が
飛んでいくというか、集中し過ぎて
昼休みが来たのに、消灯されるまで気が
付かなかった。

やっぱり、作図は大好きです。

今週一杯、この仕事の予定だから
今週の残りはあっという間でしょう

2011年6月21日 (火)

ボイジャー1号の電池

原子力発電所の代わりになる新エネルギー源
として、地熱発電がやたらとTVで取り上げられて
いるけれど、どこの放送局も扱いが同じ

やれ、日本の企業が、世界ショアでトップだとか
発電の適地が国定公園内にあるとか、そんことは
何年、自分の記憶にあるのは、高校のときだから
何十年も前から同じことが言われている。

地熱発電の普及は、技術の問題ではなく、政治の
課題だから・・・進まないのんだよね。

さて、タイトルの電池は、科学、特に宇宙工学に
興味のある方は既にご存知でしょう
そう例のあれです。

1977年に打ち上げられたボイジャー1号は、30
年を超えてなお、ちゃんと稼動しています。
人工物でもっとも遠方にある機体を動かしている
動力源を、原子力発電所の変わりに使えないの
だろうか?

動力源の元になる材料に関しては、日本は大量に
持っているから、海外から輸入する必要もない。
それどころか、フランスやイギリスに預けた分を
早々に引き取らないといけない。

稼動30年、それも宇宙という極限環境下での実績
を持つのだから、BWRやPWRより安全性は高い

しかし、問題はある。

動力の元がPu238。

いま福島で大騒ぎしているように、放射性物質が
アルファ線を出して崩壊する時に熱を出すので
冷やさないといけないのだけれど、その崩壊熱を
熱電変換素子で直接、電力に変換することで発電
する電池がある。

原発ほどではないけれど、排熱が発生するけど
空冷で処理できる程度に抑えることも可能出し
普段は水冷にして、温水を供給することも可能。

深宇宙探査機だけでなく、潜水艦にも使えるそうだ
から、海自にも・・・

ただ、自宅の横に、アイトソープ警告表示付きの
プラントを設置することを住民が受け入れることが
できるのか?
市中に核物質が鎮座することが、許されるのか?
ものがものだから、今の日本で受け入れることは
出来ないだろうなぁ

日本に溜まり続ける、Pu238の消費と、電力不足
の解消に一石二鳥なんだけどね

2011年6月20日 (月)

システムエラー

今朝、夏の帰省のチケットを、ネットで購入しようと
ナローバンドの職場のADSLから、やっと接続できた
スカイマークの予約ページに、なんと4席だけ、安い
チケットが残っていたので、クリックして必要事項を
入力後に確定をクリックしたら、

入力中にチケットが無くなったと表示。むっとしながら
なんとか、予約画面に戻ったら、定額の席しか残って
いない。

行きの分は、すでにスカイマークでチケットを購入して
いるけれど、解約して別の航空会社で購入しようか
と思ってしまうほど、このシステムは、非常に気分が悪い。

そして、日航のサイトに移動したら・・・
予約操作の途中でシステムエラーが発生。

さすがにむかついたから、画面をキャプチャーしてしまった
Photo

改めて、トップ画面から予約を取り直して、メーラーを確認
したら、JALから予約連絡が2通着信していたので
開けてみたら、システムエラーになって消えた予約が通って
いたようで、2重予約状態になっていた。

とにかく、後から予約した方を解約して、先に予約した方で
チケットの購入まで済ませたら、今度はeチケットの発行操作
をすると、システムエラーが発生。

領収書だけ印刷して、一度サイトを閉じてから予約確認から
再度だめ、また閉じて、3回目でやっと印刷できました。
今日はサイトアクセスが集中していたのかなぁ

それとも、8月20日の午後の便には乗るなという
・・・お知らせ?

2011年6月19日 (日)

また、甘い想定をするから

また、甘い想定をするから汚染水処理が中断して
どうしようもなくなる。

そもそも、初めて製作するのに、一台だけで作って
一発で最初からうまく行くと誰が補償したのだろう

原発の側に港がるんだから、どこか、震災の被害を
受けていない造船所で、台船に載せられる形で
汚染水処理装置を複数生産して海上から汚染水を
処理できるようにしておけば、一台潰れても、2台目
3台目に切替ができたのでは?

原発の敷地外で製作する分には、防護服も要らないし
熟練作業員も24時間3交代で働けるから、製造スピ
ードも早いはずだ。運ぶのも船だから完成体で運べる。

重大な事故の対策なのだから、現地で組立するのと
平行して、そういう予備手段の手配も当然、考えておく
べきことだろうに、東電の想定は甘いうえに、予算の
投入の仕方も、事故を収束させようという、覚悟も足り
ないのではないのかな

東電の本社には現場で修羅場をくぐり抜けてきた
経験を持つエンジニアは居ないのだろうか?

2011年6月17日 (金)

多国籍装置の恐怖

ニュースを見ていると、福島原発に設置された
汚染水処理装置の日本製と米国製の間で
最初の水漏れが発生したようですが、
まさか、PT(旧JISの日本仕様の管用ネジ)と
NPT(米国の慣用ネジ)の違いが原因だったりして

30年ほど前の半導体製造装置用には、米国製の
継手が多用されていて、国産のSUS継手とネジの
ピッチや形状が微妙に合わず、苦労したことがある。

ISO規格で合わせてあれば、さほど苦労は無いから
仏製と日製間はさほど問題はないはずだけど
米国は、ヤード・ポンドから完全に抜け出せたのだろうか?

それにしても、セシュウム吸着剤の交換や沈殿させた
汚泥の回収はどうやるのだろうか?回収後の処理方法は?

処理後の汚染水は、原子炉内との循環使用をするという
けれど、メルトダウンして、未使用のU235から、核分裂
による核種生成物まで、核燃料が冷却水中にむき出しの
状態にあるわけで、水は、あらゆる物質を溶かす液体だ
から炉内を通るたびに、汚染水処理装置内に炉内から、
それらの物質が運ばれる。

それらで、汚染された装置のメンテをどうやるつもりなのか
についても、きちんとした説明をして欲しいものだ。

2011年6月16日 (木)

体調が

このところ、体調が優れないので、週の頭から
飲酒を控えていたのですが、さらに悪化
今日の日中は、眩暈まで発生。

こなうなったら、飲もうと、飲むまいと
体調に影響がないなら、飲んでしまえと思い
スコッチをショットグラスで、ノーチェイサーで
あおったら、不思議と元気が出てきた

体調不良は、単なるエネルギー不足だったのか?

それとも私の消化器系が、エネルギー源として
炭水化物ではなく、炭化水素をメインに吸収するよ
変異してるのかもしれない。(笑)

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter