« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

選挙の前になると

選挙の前になると、政治屋は増税とは言わなくなる
先週まで、消費税を上げると言っていた菅首相も
今日は違う言い方をしている。総選挙やるつもり?

消費税を上げるならその前にやることやってから
上げて欲しい。

税収が足りないから、増税しますじゃ、あまりに知恵
がない。優秀な頭脳をもった官僚がいて、こんな単純
な施策しかできないというなら、仕事していないのと
同じだろう

もし消費税をあげるなら、絶対に酒税や揮発油税など
の間接税にたいする2重課税は是正してほしいものだ。

さらに、低所得者を直撃する全品UPではなく、食料品
や医療・教育関係は無税にするくらいのことは、考えて
くれないと、無為無策で無能な人達を税金で雇っている
ことを自ら証明するようなもの

ということに、当の本人達は気が付いていないのだろうね。
というより民衆を馬鹿にしている。

国難と言っていいほどの大災害がまだ進行中なのに
政治が空転しても、あまり声を上げない国民にも
責任の一旦はあるわけで、次に選挙があるときは
棄権したりしないで、投票にいきましょうね。

2011年5月30日 (月)

季節性の体重制御中

毎年、この時期になるとやってくる
体重制御反応のため、腹痛で伏せておりやす

とは言っても、食欲があるから始末に悪い
食べると、下腹部に激痛。それ以外は何ともない

数日、絶食すれば回復するので、水分を補給しつつ
長~い肝休日だと思って耐えるしかないようです

医者に行けという方もいますが、
時間的に通院できる病院が、ただの風邪に
ビタミン注射+点滴+両手一杯の薬をくれる
ような所しかないので、そこには行きたくない。

おそらく
ビタミン注射+点滴+両手一杯のお腹の薬セット
で終わりだろう。

腹痛が治まったら、体は夏モードになっているはず

2011年5月27日 (金)

東電の陰謀

ここ何日かの東電の動きを見ていると
何か怖いものを感じる。

まずは事故に関する経過と現状の報告で、突然、
一号炉のメルトダウンを公表して世間の反応を
確認してから、2号、3号と情報を小出しにし
始めた。

事故発生直後から、あれほど壊れていないと言い
続けてきた格納容器にも損傷があるとまで言い
出した。

後、残っているのは、

地下水の汚染と拡大。

プルトニュウム等の長寿命核種の拡散による
周辺地域の環境汚染の現状報告。

2号炉、3号炉は再臨界してました発表。

ですか?

カミングアウトが始まった時に最初は、いままで
ついてきた嘘の帳尻が合わなくなって、おおきく
破綻する前に、開き直ったのかと思ったが

この発表の仕方で、東電には原発の管理能力が
無いのでは、という世論を誘導していないか?
(昨日はつい、乗ってツィートしてしまった)

そしてさらに、事故の責任の転嫁。

最初の標的が、菅首相。

一企業が、報道を使って、一国の代表である
首相の権威をこれほど、揺るがしていいのか?
東電は、首相の挿げ替えか、総選挙を狙って
いると感じてしまう。

菅さんに対しての効果を確認したところで
次が斑目氏。

これは、政府中枢に対する口止め工作だろう。
いらんこと喋るな。喋るとこうなるぞ。
というやつ

斑目氏が記者に『私はなんなんですか?』
と聞いておられましたが、スケープゴートに
当選ですと、誰か言ってあげればいいのにね。

最後に吉田所長。

吉田所長が本社からの中断指示に反して、海水
注入継続を判断した際に、黙ってやるとは信じ
られない。
当然、中断指示した人間に、中断しないと返事
したうえで、食って掛っているはず
そこで、吉田所長からは報告がなかったことに
して、独断専行を印象付け、現場のポストから
吉田氏を外す口実をつくりたい。なぜか?

吉田所長が現場から居なくなれば、現地が混乱
するのは明らかだ。所長が吉田氏だから現場に
残っている人も居る。

その吉田氏を外して、現場を混乱させて収束作
業に遅れを引き起こして、東電になんの得があ
るか?

さてこのようなことを、少し妄想気味に咀嚼し
てみると、以下のような結論に達しました。

東電は、中断していないことを知っていながら
先の公表をして、首相に泥を塗り、斑目氏を落
入れ、吉田所長を更迭か辞任に追い込みたい。

これで、あわよくば邪魔な存在を排除。
現場が大混乱の状態を作れる。

菅さんが不信任を食らって、解散総選挙になれ
ば次に出てくる政治家は、営利団体の電気各社
に原発の管理を任せるのは危険だから、原発の
管理は国がやるべきだと主張する人が出てくる
ことが予想される。
(選挙資金はどこからでるのかね?)

斑目氏のような目に遭いたくないから原子力安
全委員になりたがる学者も減るから、東電側の
意のままになる人物しか立候補する人はいない。

そのうえ、何かと目の上のたんこぶ的存在の所
長も消す事ができ、本社が選択した機材にあれ
これ注文をつける現場の人間も、居なくなるか
ら、おそらく、アレバ社の資材・機材が優先的
に採用されて、日本からフランスに金が流れる
ような仕組みが出来ているのではないのか?

この発表作戦が失敗しても、二転三転した経過
説明や小出しにした状況発表のおかげで、東電
の原発管理能力に疑いを抱かせ、いまやお荷物
でしかいない福島の原発の後始末を、政府など
に押し付けようと画策しているのではないで
しょうか?

東電は電気料金が徴収さえできれば、国の産業
が国際的にどう評価されようとなろうと、知っ
たことではない。という感じだし、そこに付け
込んで、明治維新の際に、幕府側に付いたため
に、美味しい汁を吸い損ねたフランスが平成に
なって、その借りを取り戻しにきたわけさ。

トモダチ作戦で援助した米国の企業を使わせた
い外務省と、アレバ社を持ってきた経産省あた
りが霞ヶ関で暗闘していそうだわさ。

そして、結局、最後にはそのつけを国民が
年貢(税金&電気使用量)で払うことになるのかなぁ

2011年5月26日 (木)

やろうと思えば

昨日の孫社長のソーラー発電に関する
発表を聞いて、気付いたのだけど

原発や火力のような、24時間フル運転の
大型発電施設は、ソーラーパネルを設置できる
休耕田や耕作放棄地がある地方の集落には
不要な設備なのでは?

小型の風・水力発電で基本電力を賄い。
夏場のピーク時のみソーラーパネルで補填
しておいて、安全のために2次電池の蓄電
設備かフライホイールで電力を貯蔵すれば
事足りるはず

そう考えると、都市生活者はずいぶんと
地方居住者に負担をかけてきたことになる。

電源交付金とかあるけれど、このまま土地
の汚染に関して何も対策しないと、今後、
数十年は故郷には帰れないという、福島の
状況を見ると、とてもわりが合わないこと
は判ると思う。

山の手線の内側にある建築物の屋根や壁の
全てにソーラーパネルを貼るぐらいのことを
やってみたらどう?

それで原発一基分にしかならないのではなく
原発一基を不要にできると考えたら、やるべ
きことだと、私は思うのだが

さも、やっても無駄みたいなニュアンスの発表を
する政府官僚を見ると、原子力発電所にまつわる
利権とは、さぞかし凄いんだろうなぁ

2011年5月25日 (水)

孫さんに先を越された

職場から宿に戻ってから、TVのニュースを見て
孫さんに先を越されたと思った。

今日、ここに書こうと用意していた太陽光発電
パネルの話は、ニュースのアーカイブをご覧ください。

では、ニュースではあまり取り上げられない
発電方法をひとつ、小型の水力発電機です。

水利権の問題をクリアできる流水が、自宅の近所に
ある方はお試しください。
小型の水車に発電機を連結して発電する方法です
太陽光と違って、夜でも発電できるし、風力より静か
なはず。

田んぼの用水路や工場の排水溝とか
発電できる場所が、これも日本中に一杯あるけど
利用されていません。

チリツモなんだけどなぁ

2011年5月24日 (火)

脱原発について

最近、原発に頼らない発電方法が色々と取り
上げられていますが、TVでの取り上げ方に
疑問が一杯。

化石燃料を使った火力発電は燃料を輸入する
必要がある上に、CO2の排出量が増える。

ダムを必要とする既存の大規模水力発電は
ダム建設の適地が限られる。

地熱発電も、同様に建設の適地が限られている
既存の熱水を利用するタイプは温泉地の源泉に
悪影響が無いと言えないところもネック。
高温岩盤利用型は、新たな温泉の源泉を人工的
に作ることになるのだけれど、やっぱり適地がネック

発電パネルを利用した太陽光発電は、最近ほんとに
よく聞くように、原発一基=山手線の内側の面積が
必要というくらい面積当りの発電量と天候に左右
されることがネック。

風力は、風だよりで、大型化すると低周波が問題
ということだけど、海上型ならなんとかなりそう
でも、やはり、一基当りの発生エネルギー量が低い

ゴミや廃材を利用したバイオマス発電というものも
あるけど、施設の維持にコストが掛かりすぎて
運用がうまくいっていない所が多いようだ。

ではどうするか?

ひとつに頼らずに、スマートグリットを使って複数の
発電方式を組合わせてやれば、それぞれの長所
短所を生かして使える電力供給ネットワークシステム
が出来る。
多種を組み合わせることで、一回の災害で発電源
が全滅することもないだろう。

続く

2011年5月23日 (月)

そんなことは後でいい

震災当日の言った言わないの追求は
もうちょっと震災の復興が進んでからに

しやがれ!!

国会関係のニュースを見聞していると思うのは
今、この時期にするべきではないのだろうけど

国会を解散して総選挙して欲しい!

しかし、当選させたいと思う
既存の政治家が思い浮かばないのが
非常に悲しい

2011年5月21日 (土)

明かりを見直す

単身赴任者用の寮の部屋には
普通の円形蛍光灯の照明があるけれど
六畳間に男一人だと、大して照明が必要
ではないことには、独身時代のひとり暮らし
のころから気が付いていた。

そこで、自宅にあった40Wのクリップライトを
千葉に持って来て、電球をLEDに換えようと
したのだけれど、ホームセンターに行くと
LEDの値段の1/3で蛍光管が売っていた

寿命はLEDの半分、白熱球の6倍。
消費電力はLEDの1/2で、白熱球と
比較すると1/5の8W。

これで、生活に必要な照明は充分。

街灯は防犯や交通安全のために明るい方が
よいが、居室の照明は少々暗くても大丈夫。

日本の家屋は照明が強すぎませんか?

2011年5月20日 (金)

神の仕業

今年の流行語対象は『想定外』だろうが
『神の仕業』も一押しですね。

津波による原発事故を『神の仕業』だから
事業者には責任がないと言ってしまう人が
政権の重要なポストに座っているという
事の方が『神の仕業』だろう

私は忘れない。

原発立地場所では、想定以上の津波や地震は
発生しないから、現状の設備で自然災害に対
して絶対に安全だと広報してたじゃん。

想定外の大きさの災害が発生した場合は
どうする?という質問に対しても
起きないとしか回答してこなかったのも
『神の仕業』かよ

よかったね。東海村に神様が手を出さなくて
おまけに、東京湾口に5m越える津波が来なくて

原発は、さすがに建屋も大きくて目立つから
みんなが気にするけど、三浦半島の突端に
核燃料の製造工場があることは、意外に
知られていない。

そこにある核燃料の原材料保管庫やら
製造ラインは、津波や地震に対してどの程度の
用意がされているのだろう?

東北沿岸の津波被害をみると、建屋の一階にある
設備や材料を根こそぎ持って行かれた工場が多い

核燃料工場の製造ラインにあのような被害が発生
したら?
未使用のイエローケーキ(ウラン粉末)が久里浜の
市街地を汚染して、東京湾に拡散する。

場合によっては、水の流れで臨海質量に達するほど
燃料がどこかの淀みに寄せ集まって、JOCの事故
を再現する可能性だってあるでしょう。

悪いことは言わないから、原発でけでなく
放射性物質を大量に取扱施設は全て、自然災害に
対する設備を総点検した方がいい。

2011年5月19日 (木)

ペダル破損

今朝、通勤の途中で右足に違和感が
信号で止まった時に確認したら
右のペダルが軸から外れかけていた。

半分くらい抜けたところで止まるから
漕げないことはないから、そのまま
会社まで行きましたが

駐輪場でさらに確認すると、ペダルの
根元側に本来入っているはずの鋼球が
ひとつも残っていない。
外側の鋼球だけで保持している状態だ

ネットで代わりのペダルを手配したけど
それが届くまでの数日はこのままで使う
しかない。

幸い週末なので、買い物は歩きで済ませ
られるからなんとかなるでしょう。

こっちに来てから給油が足りなかったかなぁ

自転車だろうが、原発だろうが、

人が作った可動部がある機械や装置は
保守や安全に掛ける労力・資金を削ると
必ず使用者にしっぺ返しが来るんだよね

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter