« HAARPに関する回答 | メイン | パッド交換再び »

2011年4月14日 (木)

原発推進したのは?

情報公開のタイミングを逃して、その穴埋めに
災害レベルの引き上げや避難区域の拡大を
一ケ月も経ってからに実行するしかなかった
政府と東電。

何事もトラブルは起きないことを職務の前提に
してきた上に、実務を電力会社の技術者に丸投げ
してきたので、職務上の責任を感じていないから
こその、どこか他人事のような原子力保安院と

名職的な受取方で就任して本来の業務をして
こなかったから、自らの本来の職務を今回の事故後
のマスコミの報道を見るまで、理解していなかった
としか思えない言動の原子力安全委員会

その両者からの報告を座して待っていただけでなく
鵜呑みした政治家

3月末の段階でレベル7級との認識を持っていたのに
避難対策を拡大させなかったのは、完璧に政府による
人災だ。

避難の遅れによる被爆量の増加分と被爆者数拡大の
責任は誰が取るんだ?

管総理がたくさん作ったなんとか会議の集団は、
責任元を不明確にして、責任追求を逃れるための
施策だったのかも

だとしら、大規模災害対策は不得意でも、政治的危機
の回避策を立案して、実行するのは、少し得意なようだけど
情報隠しは、尖閣問題から下手糞なのを自覚していないのか
今回もあちらこちらから洩れ放題。

洩れるだけならいいけど、拡散シュミレーションを自国で
作成して公開する能力が無いのかと、日本の行政組織の
能力もお粗末だと海外から批判されている。

長年政権政党を勤めてきただけあって、確かに
政治的危機の回避策や情報統制は自民党の方が上手だな

電力・原子力業界と結託して、建設費を安くするために
災害想定を甘くした原発の建設を、昔から進めてきた
政党の筆頭が、どの政党かということを、マスコミに
言わせてないもの

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/26310847

原発推進したのは?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter