« 中国版ステルス | メイン | 寛ぐ猫 »

2011年1月 9日 (日)

緊急入院

本日(1/8)の夕方、トイレで便器に鮮血で染めたため
福岡市の休日医療紹介センターに電話して

近所の胃腸科+αの病院を紹介してもらい
息子の運転する車で運ばれて、受診後に
即日入院。

下血する前に『Dr.HOUSE』を観ていなかったら
翌朝まで我慢していたかもしれない。
もっとも、この病は『Dr.HOUSE』では扱わないと思う

命に直接かかわる病気ではないため
苦しんでいる本人を前にして、家族も
診療にあたった医療関係者も顔が笑っていたから
でも、外来患者の病としては出てくるかもしれないか

その病名は、
座り仕事の時間が長い職業にとっての職業病?
ということで・・・
思いついた方はコメント欄にご記入ください。

ついさっき原因となった物体をやっと排出して
今、病室のベットの上でこれを書いています

明日は退院できそうですが、通院のため
千葉への帰還を、数日延ばさないと
いけないようです。

不幸中の幸い?かも

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/25730034

緊急入院を参照しているブログ:

コメント

PGさん、コメントありがとうございます。
下半身の血行不良は、下肢にも悪影響ですよね
確かに、その昔ドラフターでA0図面を書くときは
座らずに描いてましたね。懐かしいです。

T.Hさんも、コメントありがとうございます
今夜は自宅で家族と過ごしております。
それにしても、この病、長い付き合いに
なりそうです。

ご同業の52歳,女性です。時々拝見しています。昨日現場設置工事に行ってきました。寒風屋外作業だった為、今日は唇が痛いです。今日は図面を描いています。私も図面中は座りっぱなしになる為、足がパンパンになって、これが足?状態になるので、今は立って描いています。資料も取り易いです。でも、思い出してみると、ドラフター時代は結構立ってましたよね。特にA0,A1は殆ど立って描いてました。少しずつ足の筋力が戻っていくような気がします。

お大事に!!!

いつも、拝見させていただいてます。
同郷、同世代、機械設計好きな者です。
現在の境遇は全然ちがうようですが・・・。
笑。しかし、病は同じかも、一病息災でいきましょう。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter