« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

簡単レシピ

福岡に戻ってから、作ったもの

簡易バジリコ

  • バジルのフレーク少々。
  • ガーリックのフレーク少々。
  • オリーブオイル適量。
  • 香り付けに、バターを一欠けら。

1)フライパンにオリーブオイルを引いて
 ガーリックパウダーとバジルを振り掛け
 バターを入れて軽く炒める。
2)茹で上がったパスタをフライパンに
 入れて、よくかき混ぜる。
3)塩で味を整えて皿に盛る。

簡易ペペロンチーノ

  • 一味少々。
  • ガーリックのフレーク少々。
  • オリーブオイル適量。
  • 香り付けに、バターを一欠けら。
  • 玉ねぎ、みじん切り
  • ベーコン、みじん切り

1)フライパンにオリーブオイルを引いて
 ガーリックパウダーと一味を入れて
 軽く炒める。
2)次に、ベーコンと玉ねぎを入れて
 玉ねぎの色が変わるまで炒める。
3)茹で上がったパスタをフライパンに
 入れて、よくかき混ぜる。
4)塩で味を整えて皿に盛る。

簡易カルボラーナ
(スノーバージョン)

  • 黒コショウ少々。
  • ガーリックのフレーク少々。
  • オリーブオイル適量。
  • 香り付けに、バターを一欠けら。
  • ベーコン、みじん切り。
  • 卵の黄身。
  • 卵の白身。

1)フライパンにオリーブオイルを引いて
 ガーリックパウダーを入れて軽く炒める。
2)次に、ベーコンを入れて炒める。
3)パスタを茹でる前に、卵白を泡立てておく
4)茹で上がったパスタをフライパンに入れて
 卵黄を入れて、よくかき混ぜる。
5)黒コショウをふり、塩で味を整えて皿に盛る。
6)泡立てておいた卵白をパスタの茹で汁に入れる
 卵白が固まったら、網ですくい上げて、パスタの
 上に乗せる。

その他、
釜揚げうどん
辛味大根ぶっかけ蕎麦

年明けにはオムレツを作ってみよう

2010年12月30日 (木)

買い物

買い物
昨日、酔いつぶれたお詫びで
本日は買い出しの運転手です

焼酎が体質に合わないことを
実証した1日でした

2010年12月28日 (火)

毎年恒例

毎年恒例
毎年恒例の年越し酒を購入するため
糸島の杉能舎に行く。

天気は大荒れで、雨と風が凄い
しかも、この雨は黄砂を含んでいるよう

車の窓がすごく汚れる

2010年12月26日 (日)

雪のお迎え

雪のお迎え
千葉は快晴で気温は10度超

福岡に帰りついたらこれかい。

でも、明日の山道は四駆だと
楽しいだろうな

2010年12月25日 (土)

今夜も夜勤の夜は更けて

千葉での今年の最後の夜がひとり夜勤というのも
単身赴任(出稼ぎ)の状況を反映しているようで
なんだかなぁ

経験者でないと問題が発生した時に対処が
などと言うけれど、それなら経験を積ませたい
若者も夜勤に入れて勉強させるべきだろう

それなのに、50過ぎの外注部隊に夜勤を
任せきっリにして、正社員の若者たちは
しっかり休んでいる現状は

なんのかんの言っても、外注部隊は所詮、消耗品。

職責だけは正社員と同じ扱いで、待遇がこれじゃ
長生きしたければ、早めに福岡に帰る算段をつけないと
生きて帰れない気がする.

今回、宿の改修工事の関係で睡眠不足もあったが
信号待ちで、居眠りしてしまうような肉体的状況下で
バックで駐車中に車の屋根と階段踊り場の下面が
すれた程度の軽微な事故しか起なかった事が
奇跡だと、個人的に思うのだが

しっかり事故報告を兼ねた始末書は書かされた。
ほかの人たちは書いてないんだけどなぁ
正直者が馬鹿を見るシステムは改善が必要だとも思う

しかし、来年早々にも設置工事で夜勤対応が待っているから
軽微とはいえ事故ったのだから、次は運転手ぐらい
用意してくれるでしょう?

甘い考えかなぁ?

一応、事故の原因のひとつに睡眠不足による過労
と書かせていただいたが、真実とは言え
事故報告で過労の文字は職制上まずいらしい

でも、正社員が報告しようとしない
社有車による事故をちゃんと報告する

ばか正直な人間ですから

うそは書けません

油断大敵

本来、本日の夜勤帯では
機械系の試運転は無いはずだったので
安心して出社してみたら、かなりの労力を
必要とする項目がひとつ残っていた。

非常時に使用する手動ウインチの巻上げテストなのだが
これを、動かすのに6Fから4Fまでを行ったり来たり
しないといけない。

6Fから4Fといっても、普通の建物だと
12Fから8Fに相当する間の階段を
昇り降りすることになる。

それをひとりでやることになるとは思わなかった
前回は上階チームと下階チームに分かれて
対応したことを忘れられていたようだ。

文句を言ってもしょうがないから
ニッコリ笑って引き受けましたが、お客さんを
あまり長く待たせるわけにはいかないし
(待たせると、対応が悪いというチクリ電話が上司に行く)

ひとり汗をかきながら対応したけれど
絶対ここにはグレムリンの類がいると確信する。

お客さんがウインチで非常時引き込み用のワイヤを
巻きだして、装置フレームがそろそろ動くかな
と思った瞬間、ワイヤが素線切れを起こした。

本当に引き込みが必要な非常時に
切れなかっただけが不幸中の幸い

結局、耐荷重の高いワイヤを用意したうえで
この項目だけ再試運転になってしまった。

2010年12月23日 (木)

24時間

工場設置後試運転の機械メインの部分が終了。
当初の工程表から見ると、24時間も短縮

このまま、最終日の前倒しになるのかと思ったら
日程に余裕が出たのを知った、保全チームから
既存設備のメンテに、その時間を持っていかれて
結局、最終日は当初の予定どおり日曜日のまま

それでも、メンテにかける一日分が休みになったので
今夜の出勤は、しないでよいことになった

明日の夜から試運転が再開されるけど、メインは制御に
移っているので、機械班は立会だけになる

メカにトラブルが発生しない限り、現場に呼ばれないので
今夜は宿で、明日は職場の事務所でひたすら待機です

ボーとしてても面白くないので、書き溜めた改善案を
改善提案用紙に清書して、小遣い稼ぎをしようかと
思っています。

2010年12月21日 (火)

帰心矢の如し

現在、夜勤対応で試運転している装置には
夏から秋にかけて、試運転をした初号機が
存在するのだが、

その初号機の試運転の際に、スケジュールを
守ることができなくて、大幅な遅延をしてしまった
曰くつきのマシンだったのだけど

弐号機は、おお揉めの打ち合わせの末に
作り上げた工程表のスケジュールより早く
試運転の工程が消化されている

前回の経験と失敗に懲りて
事前にチェックと段取りを進めていた効果も
あるだろうが、一番大きい効果は

年末で、この仕事が終われば、速攻で帰省
できるというニンジン(餌)が目の前にぶら下がって
いる人たちが多く、現場の気合が違うということらしい
私自身もそのひとりだ。

いまも、『帰心矢の如し』という言葉を、
現場で実証しているはずで

今夕、出社したらどこまで進んでいるか?
楽しみでもありますが、恐怖でもあります。

2010年12月20日 (月)

理想の手帳

この季節になると、毎年、手帳探しが始まる
自分が欲しい手帳になかなか出会えないからだ

一般的な手帳は、なぜか必ず、来年の日付の
入ったページがあり、一見、スケジュール管理が
しやすそうに見えるが、

一日一件しかアポがない時はいいが複数重なると
記入欄が足りないことが多いうえに、未記入の
ページが多くても、翌年は買い替えないと
なんとも、みっともない手帳になってしまう。

私が理想とする手帳は
表紙がビニール引きの防水(対汗仕様)で
大きさは文庫本サイズ、中身は白紙でもいいが
薄い青の罫線で方眼が刻んであれば最高。
表紙及び、裏表紙には、名刺サイズの紙片が
入るポケットがあるような、手帳を毎年探しいます。

その昔、とある企業が顧客に配っていた手帳が
正にこの手帳で、なんとか数冊、手に入れて
いたのだけれど、もう予備がない。

現物は手帳というよりはノートに限りなく近いと
いうことに、最近気がついたところで、書店でなく
無印にて近いものを見つけて購入したけれど

表紙が紙で汗吸い放題

その対策用に、ブックフィルムを探しているが
これが、また売っていない

こうなると、オーダーメイドするしかないのだろうか?

2010年12月19日 (日)

おんぶにだっこ

いや~参るよね

夕方、予定通りに出社してみたら
管理監督する立場の発注先の監督者が
昼勤帯に出社していなかったそうで

工程打ち合わせの際に5分でも10分でも
作業時間を縮めろと息巻いていたんだけど

出社していなかったおかげで、
前工程が6時間以上早く終わったの、連絡が
スムーズに届かなくて、結局5時間しか前倒し
できなかった。もったいない

その後も、後工程との連結の方法がなくて
こちらのガテン系の担当が5時間も工程を短縮
したけど、無駄になってしまった

合計6時間以上、工程に空きが・・・

前回、こちらが夜勤をしないで対応できるように
段取りしていたら、クレームをねじ込んだ本人がさ
休んでいては、示しがつかないだろうよ

かわりに、一癖も二癖もあるようなオッサンチームの
相手をしている担当が、息子と変わらない歳の若者
(ある意味、人質?)

彼の立場だったら大変ぁだろうなとは思うが
逆切れしてか、パニクッてか、オッサン達に負けないように、
ハッタリのひとつ、ふたつかましたくなるのだろうけど

数時間後には、かましたハッタリを忘れて、まったく逆の
言動してはいけないよね。

自分の尻拭いだけでも、ヒーヒー言ってるのに
発注元の若者をおんぶにだっこして面倒をみるには
時間と体力と忍耐に、少々無理がありますわね

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter