« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

架空の存在

TVのニュースで静岡に立つガンダムを見て
やっぱり、架空の存在なのだと再確認した
どう見ても、実用性0だもん

ガンタンクならまだましか・・・(但し、垂直噴射なし)

将来、このようなサイズのMSが実用化されることはないでしょう
見世物としてなら有りかもしれないが

人型MSが地球上で無理な理由について詳しくは
柳田理科雄氏の空想科学シリーズをなどを参照してください
20世紀少年にも無理な説明がちらりと書いてあったなぁ

では、重力の影響が少ない自由落下状態の宇宙空間では
(無重力状態というのは厳密に言うと存在しない)
どうかとういうと・・・

残念ながら静岡のモニュメントをみる限り、今のままでは
アニメのように宇宙空間で機動するはずが無い。

現実的には、軽くて突起がない上に方向制御用のバーニアを
ちゃんと装備した、やられキャラのはずの『ボールさん』の方が
人型のMSの機動性を凌駕していいはず

アニメの中でノーマルスーツで宇宙遊泳するシーンでは
バーニアで方向を変換するのに、なぜかMSは体をひねるだけで
方向変換してたもんね。そのたびにフライホイールでも内蔵?
と突っ込みたくなる

ガンダムシリーズをはじめアニメは好きだけど
実体化するならもうちっと、技術的に公証をいれませんか?
背中のランドセル・肩や腰周りにバーニアをつけるとか

2010年7月30日 (金)

来月は

来月後半に12h勤務の夜勤が決定
睡眠不足に高温&椎間板ヘルニア
悪条件が重なってどうなることやら

体力自慢の若手に夜勤をお願いしたいけど
技術が伴わない。技術的な知識はあっても
年寄りは体力が続かない

若手と年寄りの組み合わせで仕事するのが
一番だと思うが、どうやら応援も同年代らしい
何かが起きそうな予感

2010年7月29日 (木)

これは?

01

流星が大気圏に突入したところ・・・嘘です

昨日、野外で測定している時に、上空を飛ぶ
旅客機が雲を引いていたので撮影してみました

もう少し、遅い時間なら、夕日で赤く染まって
綺麗だったかも

今日は雨でしたが、昨日と同様強風が吹いていたので
傘が役に立たず、びしょ濡れに・・・明日も雨か

2010年7月28日 (水)

待ってるぜ

いろいろな意味でショックだわ
桑田佳祐さんのガン公表

サザンの歌を聞くと、いろんな思い出が
たくさん脳裏に浮かんでくるし
これからも、もっと聞きたい

病に関してはほぼ同年代だから
明日はわが身かもしれない
だから今、言えるのは

復帰を待ってるぜ!

2010年7月27日 (火)

身長

今日、健康診断を受けたのですが
検診項目に身体測定があって身長を測りました

その時は気が付かなくて、夜になってから
かみさんと電話で話している最中に気が付いたのですが
去年より1cm身長が伸びていました

まさか、椎間板ヘルニアの治療で牽引を受けているから?

前年も1cm伸びていたから、50代でも身長は伸びる?
流川楓と同じ身長だったのが桜木花道と同じになっちまった

なんの為の戦いだ?

ワイヤードの記事によれば、米国の内部告発サイトに
アフガニスタン紛争に関する機密文書が公開されたそうですが

記事の内容に読むとなんの為の紛争だか
誰と誰が争っているのか良く判らない戦いでもある

そこに、自衛隊を派遣しようと考えている
政治家や官僚さんたち、米国で公開されている
その文書を読んで、良く考えてからにしてね

上記の文書を日本のマスコミはなぜ取り上げないのだろう?

スポーツ新聞や朝刊紙面をパネルに貼って読み上げるだけの
安直な情報番組を作る程度のことしか日本のTVはできない
ということか?

2010年7月26日 (月)

ひと雨ほしいところ

暑いばかり、富津周辺では雨が降っていません
今日も雷は鳴ったけど、雨が降らず

降りすぎて困っているところもあるだろけど
こうも降らないと、少しは湿り気がほしいところ

どうにかならならいものかね

2010年7月25日 (日)

外骨格スーツ再び

ワイアヤードの記事で米軍の外骨格スーツ
取り上げられていたけれど、日本ではどうなんでしょう?

米軍の外骨格スーツは、アニメで言えば
静岡に立っているモビルスーツより
アップルシードに出てくるランドメイドに近い

米軍が軍用に量産化を始めると、数年後には
民生にスピンオフされて価格が下がる可能性があるから
米国の新たな輸出品の目玉になるのかも
日本のサイバーダインのライバル登場というところか

米国の民生用工業製品として見てみると
10tダンプと変わらない車幅のハマーなんかより
日本国内での使用に際して不都合はないから
米国製の乗り物としては売れる可能性はあるのでは

なんと言っても、
装着したまま公共交通機関に搭乗が可能な装備だから
高齢化社会を迎えている日本では応用範囲がひろい
移動手段だと思う

まず、4輪の低速電動カーで道路端は走行するより
歩道を2足歩行で進んだ方が安全だ。
階段だって登れるから家の中の移動もサポートしてくれる

まったく軍用だけではもったいないスーツだわ

2010年7月24日 (土)

JAXAi

東京の丸の内にある『JAXAi』が廃止されそうですが
地方からJRで上京した場合には、アクセスが
一番便利なところにあるJAXAの広報施設なんですが

打ち上げ施設の内之浦や種子島は人里離れたところだし
勝浦などの通信施設にしても山の中、筑波だって
アクセスがいいとは言えない言えないでしょう?

残せないものかねぇ、せめて
上野の国立科学博物館内に移転と
考えて欲しいものです

あっ!
国立科学博物館があるから無駄ということかいな

年寄りの根性は死を招く

今日は体力の衰えを感じました
本日で終了の装置設置工事の完了確認のため20:00から

転炉工場の6F(地上から約50m)の現場で一時間
(日中、温度計が振り切れたということを後で聞きました)
それから4F(約30m)に移動して
既設の設備と干渉確認している最中に体に異常発生

体が急にだるくなって、手が震え出した(アル中か?)
あと少しで干渉確認が終わるからと根性で耐えて確認作業終了。

すぐに、客先担当に体の異常を伝えて休息室に
エアコンを最強にして座り込んだ途端に手の振るえがMAX

顔やら手のひらやらが真っ赤でぶるぶる体震えて
大量の汗が止まらない。そのうち顔から血の気が引いて・・・

持参したポカリを1リットル飲んだ上で、
ガス交換だけが肺の仕事でないことを、証明すべく
ゆっくり深呼吸、肺も立派ななラジエーターだ!

この時点で立ち上がったら、貧血を起こしそうな気配を感じて
迷惑だろうなと思いながらも、エアコンの前の一等席を専守

真っ青な顔して、大量の汗を流しながらブルブル震えていたら
そこをどけとは誰も言わないわ・・・おかげで
休憩中の他社の作業者さんに迷惑と心配をかけてしまいました

熱中症の1度から2度にかけての症状です
それを冷静に自覚して分析してる自分がいるかぎり
生命の危険はないのだけれど

元をたどれば、椎間板ヘルニアのおかげで
睡眠時間が不足していたのが元凶
それにプラスして、根性での我慢はこの時期厳禁ですな

まともな、家族思いのおとうさんは、稼ぐために
無理して頑張っちゃうのよね

だからと言って家族は褒めてくれないけど・・・

頭から水を被ったみたいに汗を流して働いているなんて
家族は知らない。それどころか、汗くさいとか言われるんだよなぁ

おやじが汗臭いのはそれだけ、
稼ぐために頑張っている証拠なんだぞ

オヤジ臭いって言うな!

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter