« 昨夜の感動をもう一度 | メイン | 一応、晴れ男 »

2010年6月15日 (火)

スピンオフ・抑止力

仕事から帰ってきて、ネットのニュースを
見たら、菅さんが『はやぶさ2』継続するために
予算処置をするそうな・・・選挙目当て?
成果を挙げたのだから、当然そうなるべきでしょう

さて、これで再突入体を製作できる技術を日本も
持っていると世界に公表したわけです。

それも、宇宙空間という過酷な環境下に7年間も
曝露されていても、ちゃんと機能した優れもの
さらにさらに、
NASAも観測用の航空機を飛ばすほどの
高速での大気圏突入にも成功した

この技術を使って何ができるか?普通に考えれば
有人宇宙船用の帰還カプセルは、当然の帰結

H2Bで打ち上げる軌道間補給機HTVのベイロードが
6tもあることを考えれば、有人機の打ち上げ手段は
もう、所有しているとも言えるわけで・・・

HTVの推進系を流用して、軌道用の機体とし
帰還用カプセルをベイロード部分に搭載すれば・・・
妄想だけなら簡単なんだけどなぁ

さて、ここまでは、日の当たる使い方ね

ベイロードが6tの軌道間補給機HTVは
衛星軌道上を移動する能力がある

大気圏に突入しても、投下カプセルを
無事に地上に降下させる耐熱シールドも有している

何だかんだと、トラブルやら事故を起こしているけど
核燃料の再処理施設もあれば、Puもある

北の某国やパキ***に中東の某国が欲しがる
濃縮用の遠心分離機も生産してる

新型固体ロケットのイプシロンのコンセプトのなかの
打ち上げの準備期間の短縮とか打ち上げ場を選ばないとか
ノートPC1台で管制できるモバイル管制なんて読むと

移動能力が高くて冷戦時代に米軍が脅威を感じていた
ロシアの車載型のICBMを思い起こしてしまうのは
私だけでしょうか?

だから、現物の兵器を持たなくても
米国の軍艦が日本に入港する際にやるように
持ってるとか持ってないとか言わずに黙っていると

いろんな、最先端の科学技術も抑止力になんだよね

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/24439545

スピンオフ・抑止力を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter