« 揺れそう | メイン | スイッチON! »

2010年1月 5日 (火)

送られる途中で

自宅から福岡空港に向かう車内で
保安検査の話になったのですが

息子曰く
『おとうさんはハイジャックとかしそう』
はぁ?
まったく、どういう目で親父をみてるんだよ

ということで、空港に向かう車のなかで
ハイジャックの非効率さを息子に講義することに

命を捨てつもりのカミカゼミッションなら
ハイジャックの必要はないわけで、説明不要
(失敗したけど、この間の事件のようにすればいい)

ハイジャックというのは、航空機という
一見移動できる乗り物に乗っているから
逃亡も楽にできるように思うようだけど

空港に着陸したが最後、死角の多い密室に
入ってるようなものだから、逃げるはたいへん

過去にパラシュートで脱出した利口な奴がいたけど
パラシュートやらの装具が保安検査を通過できるのか
はたまた、現在の持込可能荷物のサイズに収まるのか
を考えると実行がたいへんでしょう

また、機内に武器を持ち込むのもほぼ無理でしょう
(ということにしておきましょうね)

ハイジャックの目的が航空機の運行妨害だけなら
実行犯も含めて、誰も怪我をさせずに安全に
邪魔する方法は他にもたくさんあるから

今時、先進国内でハイジャックするのは
どっか、頭のねじが飛んでるやつだけでしょう

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/22829439

送られる途中でを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter