« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ピザ

君津の西、久留里の南の山の中に
美味しいピザ屋さんがありました

今日は、同宿の若者の車で行きましたが
次回は自転車で行こうと思います

というか、自転車で行ってもいいと思うくらい
美味しかったです

久留里城

久留里城
なぜかお城

2010年1月30日 (土)

下調べ

午前中で本日のお仕事を片付けて、その足で
来週引越し予定先の独身寮へお試し走行してきました

職場との距離は約2/3になりますが、問題がひとつ
最短ルートの道路がやたら狭い

制限速度30km/hですが、30km/hオバーで走っている
自転車の横を次々と車が追い越していく
これってどっちが道交法に反しているのでしょう?(笑)

引越ししてからルートの探索を考え直さないといけないようです
遠回りでも、広い道に出る方を選択する方が安全なようです

2010年1月29日 (金)

灯台元暗し

バイオディーゼルの話を書いていましたが
大学に行っている息子が、授業の一環で

バイオディーゼルの生成実験をしてるそうで
うまく行かないとぼやいておりました

石油会社と同等品質のものを合成しようとすれば
そうりゃ、ハードルが高いことでしょう

おまけに、副産物としてグリセリンができない方法を
(例えば、40Mpaの圧力をかけて200度以上の高温化で反応させる)
研究しているらしいので、それは難しいだろう

だけど、科学が大好きなおっさんから見れば
なにやら楽しそうな授業だと思うがなぁ

2010年1月28日 (木)

宿替え

赴任先で新しい独身寮が完成して
直営社員の若い方々が入居のために古い寮に
空きができたため、宿替えが可能になりました

今いるところが一番古く、解体予定があるため
空調設備が故障しても修理予算がつかづ
この寒い季節に、暖房設備が稼働せず自前で
用意させられました

という事は、夏も冷房無しの状態

さらに、手に刃物を持った変質者が
未だに、宿の周りをうろついているもようで
先月も駐車場の車が傷つけられたとか

車ならばったり出会っても、車内にいればいいから
怪我する心配はないけど、自転車でばったり出会ったら
命の危険があるわけで、移動できるなら
それに越したことはない

今度の宿は少しだけ新しいそうですが
何よりうれしいことは、通勤途上に坂がないこと
その分、休みの日には遠出して体を動かそう

2010年1月27日 (水)

25%削減のため

千姫さんのコメントへの返事を書いて思ったのですが

民主党の方々、BDFにも補助金をだしないさいよ
動植物由来の食用廃油を原料にする限り、CO2排出量を
0換算できる、内燃機関用燃料ですよ

重油を燃料とするタンカーで輸入したバイオガソリンを
購入する前に考えませんか?

見栄えのする太陽光発電パネルにだけ補助金を出すのは
やっぱりおかしいでしょう

パネルの取り付けで地方の小さい工務店にお金が落ちているのかも
しれないけど、パネル自体は大企業しか作れない工業製品だから
いつ、生産拠点が海外に移動するかわかったもんじゃない

ついでに言うと、山間地域用に小型水力発電機にも
補助金出して普及に努めませんか?

これって、災害に強いと思うのですが

電柱や電線に頼らなくていいし、シンプルな設計をして
保守が容易に可能な構造すれば、土砂崩れで道路が寸断されても
最低限、電気だけは地域の住民で確保できる

2010年1月26日 (火)

職業柄

今週末は宿でBDFの製造ラインの図面を
書いてみようかと思います

職業が機械設計&製図なのもので
設計&製図に関してはツールはそろっていますから
まずは、構想から始めます

売っているBDF製造装置は安いもので¥100万
貧乏人には買えませんから、当然+必然的に
自作するしかないわけで(商売でも始めるなら別だけどね)

というか、このブログを長く読んでおられる方々は
予想が付いていることと思いますが

自作=おたのしみです

DIY店&リサイクルショップで手に入る材料で設計予定
うまく行ったら、図面を公開します(納期は未定)
製作は単身赴任開けになるので・・・いつになることやら
気の長い話になりそうです

2010年1月25日 (月)

化学のちから

バイオディーゼルに関していろいろと調べていますが・・・
化学(バケガク)に関しての知識不足を痛感しています

材料は廃油とエチルアルコールと水酸化ナトリウムに
お酢と水だけ用意すればいいようです

道具もステンレスのナベがふたつと加熱器具に
温度計やpH測定器とエアポンプが必要なようです

ということで、ぼちぼち道具を探しに東京に出かけよう
千葉に単身赴任してよかったことのひとつが
だいたいの物が売っている東京が近いということです

2010年1月24日 (日)

愛車のご先祖様

私より年寄りで2007年まで
現役だったという車を大江戸博物館で
観ました。これでもダットサン4代目だそうです
Datsan00
ダットサントラックは国内販売終了していますが
20年近く愛用していた元オーナーとしては
国内販売を復活してほしい車No.1です

今度の車はD21(9代目)から枝分かれした
テラノWD21→R50の12代目になるのかな

でも、屋根付きの車よりピックアップには捨てがたい
魅力を感じるんですよ

携帯から水

昨夜、かみさんの携帯に電話したら
雑音が酷いうえに通話の声がよく聞こえない
さらに、途中で通話が切れたりと様子がおかしい

自分の方は仕事で電話したりしていたので
異常がないことは判っていたから
かみさんの携帯電話が怪しいと判断して

娘の携帯電話に電話したら、異常なく通話が
出来たのだけれど、その電話の向こうで
『携帯電話の中から水が出てきた』
かみさんが騒いでいる

どうも、防水だからと流しの横に置いていたようですが
カシオのGzOneほどのグレードいい防水じゃないから
水が浸入した様子

すぐに、電源をOFFしてバッテリーも外せと指示
ドライヤーで軽く暖めて、一晩乾燥させないさいと
応急対策を教えた結果。今日は無事に使えているようです

さきほど、テラノの納車報告がありました
V6ではなく、元々希望の直4ディーゼルだったそうです
(確認しないで買うなよ)機械屋としては、前々から
家族を乗せるならガソリン車よりディーゼルがいいと思ってました

理由は・・・軍用車はなぜディーゼルなのでしょうか?

それと、素人でも廃油からディーゼル油を
努力しだいで作れるのよね

というこで、廃油で作るバイオディーゼル油の作り方を
調べておこう

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter