« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

知らなかったの?

管氏の発言のニュースの締めが
『官僚の反発を招きそうだ』ですが

発言内容に対して、何を今頃と
思っている国民は沢山いると思います

頭でっかちの杓子定規でないと、
要らなくなったダムやら空港を中止することもなく
作り続けたり出来るわけがないでしょう

民間でそれやったら会社が潰れる

おまけに天下り先を作るための税金の無駄使いなどを
民間でやると、立派に横領でしょうよ

ですから、時事通信の方々よ締めの言葉は
『知らなかったのですか?』または、『今更なにを?』

が妥当ではないでしょうか?

ご勘弁くだせい

昨日の定時間際に、工事の監督さんから緊急の呼び出し
現場に駆けつけると、部材投入用のシュートを設置する
スペースが図面より狭いために工事が進まない

その時はてっきり、作図者がスケッチをミスったと思ったので
障害となっている壁に穴を開ける許可をもらうべく
工場側の担当者に即行、連絡して電話で状況を説明したのですが
なんとなく、こっちの図面不具合にしては相手の当りが柔らかい

とりあえず、現物を見ながら話をする算段をつけて
推定される切り欠きサイズや写真のプリントアウト等の用意をして
工事作業関係者が帰って暗い、現場へ移動

相手担当者に現場で状況説明していたら、しきりに現場スケッチの
時期を気にしている様子。あ~~ひょっとして・・・
障害いなっている防護壁の塗装が妙に綺麗なのは・・・

既に設置済みのシュート位置を参考に、干渉しないぎりぎりの位置
を狙って設置工事を、今回の工事の対象場所にも今期の初頭に設置した?

新設シュートは既設とは建築構造の関係でシュートの通り芯が
異なるのですが・・・設置された寸法も既設箇所より計ると狭い

しかも、作図者のスケッチは同じ今年でも前期の後半で
操業中は立ち入り制限区域なので確認が取りにくい場所ときた

そんなところに、スケッチ後に防護壁を設置されたわけで、
その工事担当が、目の前の今回工事の担当本人(首絞めたろか!)

立場が逆なら連絡なしで工事するとは何事かと
責められるところですが・・・我慢するしかないんだよね

その場で、切断可の判断をくれたから許しますが
その分の追加作業の工数はこっちが負担・・・

もうこういうのは、ご勘弁くだせい

2009年10月30日 (金)

鬼が笑う

佐賀のバルーンフェスタを観るためだけに
福岡に帰りたい(笑)

去年は雨で断念しましたが、日曜のローカル競技を
観れたから良かったけれど

こちらにいる限り、2時間程度の行動半径内で
バルーン競技を観る事は不可能なのが残念です

残念と言えば、ミージックシティ天神も見聞できなかった
山笠も今年は不況で暇だろうから観に行けるとポジティブに
(これも、ポジティブ思考でしょうか?)
考えていたらだめだった

来年もこちらに単身赴任が続くなら、夏季休暇は山笠の
スケジュールに合わせて取ろうか、それとも秋季に回して
バルーンフェスタかミージックシティ天神に合わせようかと
今から考えています

きっと、自分担当の鬼が大笑いしていることでしょう

さて、明日で10月も終わり、担当している工事も山場
次は何が起きるでしょうか

2009年10月29日 (木)

他人の不幸は蜜の味

失敗話をここに書くと閲覧カウントが右肩上がり
ほんとに、世間は『他人の不幸は蜜の味』ですね

今回は蜜を出している方側だから・・・
美味しい蜜をたっぷり吸ってください(笑)


今日、現場に加工屋の若い専務にきてもらって
現場対応で修正を図ろうとしたのですが
トップダウンで現場改造はNG判定くらって
(私の判断もダメ出し食らいました)

で再製作で総重量200kg超の部品入れ替え決定
工事の監督も泣いてました

工事も末期だったら、それはそれで真っ青になるところでしたが
時間が無いので、現場改造で済んだかもしれません

今回は工事開始初期ゆえに手直し時間があるだろうということに
まぁ、設計通りの部品を付ければ文句は言われないわけですが

明日は野外に積んである納品済みの部品を再チェックです
それにしても、再製作の納期が間に合うのか?

つづく

2009年10月28日 (水)

トラブル

今週から始まった据付工事中に加工屋さんのミスが発覚
でも最終責任を取らされるのはこちら

今日こそ定時で帰ろうと思う日の限って何かが起きる
これも、マーフィーの法則でしょうか

今日は不良原因の調査と対策案の検討ですんだけど
明日は大変だろうな、品管の部品検査担当者も心配していた

どうなることやら、ただし、不幸中の幸いは
工事が始まったばかりで対策する時間がとれること
のんびりはできないけどね

2009年10月27日 (火)

本日は

本日は疲れすぎてお休み
今週は慣れないことやらされ過ぎて
頭が回りません

2009年10月26日 (月)

懐かしい映画

昨日、雨の合間に出かけた際に近所のBookOffで
著作権切れの古い映画を格安にしたDVDがさらに
安く売っているのを見かけてつい買ってしましました

『カサブランカ』

たまには古い映画もいいものです

ガンダムの有名なセリフもいいけど
ボギーの名セリフも味があっていいものです

2009年10月25日 (日)

近づけませんでした

宿の近所に内科・外科・整形外科の看板を立てた
医院があるので、昨日、少々雨が降っていましたが
左ひじを診断してもらうために出かけたのですが

何やら医院の前の路上駐車の車が一杯止まっているのが
遠くからも見えて、近づくとマスクをした人達が
車の中で待機中。病院の玄関もマスクだらけ

外科系の診療で、インフルを罹患したらアホくさいので
そのまま、Uターンして戻りました

感染した場合を除いて、新型が落ち着くまでは病院に
近づかない方が得策のような気します

そういえばもうすぐ、花粉症の事前診察の時期に
私は眼科しか受診しなくてよいので幸いですが
耳鼻科を受診する必要のある方々は次のシーズンは
ちょっと大変かもしれませんね

2009年10月24日 (土)

たまにはただ働きしましょうか

本日は、お持ち帰りした仕事を宿の部屋で片付けています
職場に出ようかとも思いましたが

千葉の南部は午前中から雨が降っているので
休日にサウナスーツを着てまで出勤する根性は
二日酔い気味の今日は、湧いてこない(笑)

たまにはただ働きしましょうか・・・
正確に言うと月曜日の下準備だから、今日からやっていると
月曜日に楽ができるということです

というか、その予定だったのですが
宿のPCに入っているCADソフトはAutoCAD2002LT

職場のPCは最新版の2009、最新版のソフトで
書いたデータを2000形式で保存したとしても
2002の上では動かないデータがあるんだよね困ったもんだ

2009年10月23日 (金)

酔った勢いで

本日は職場の有志で飲み会がありまして
酔った勢いで暴言のひとつふたついきます

まず、どうしても腹が立つのが米国の
普天間基地移動に関するお話

暇があれば、ナイフ片手に強盗するような
兵隊の基地をなんで税金を使ってつくる必要があるさ

自国の首都圏に他国の軍隊の基地があるというのも
しかも、空域の管制も握られていあたり、基地の維持経費も日本持ち

まだ、戦後は終わっていないということですか?
日本を守るための抑止力がどうこういうなら、米国は
北方四島や竹島で日本よりの政策を取っていますか?

米国の言う抑止力はあくまで米国本土を守るための抑止力のことでしょう

他国の税金で自国の防衛を図ろうとしているのだから
民主党政権は、はっきりノーといえばいい

米国も日本も政権がチェンジしたのだから、新たな関係を
模索するのが新政権の大事な仕事だと思います

どうしても普天間移転を実行しろというなら、バーターで
空自にF22をよこせぐらい言ってみせてよ

それぐらい言って、前々から言ってますが在日米軍なんて言い方は間違い
日本占領軍を引き上げるぞと脅されても平気でしょうよ
日本の軍事的防衛能力を日本人自身が過少評価していませんか?

お隣の韓国のニュースを見てみませんか?
日本のイージス艦より武器を搭載した観をどのうのこうのとか
中国だって、日本が持っているF15の機数(世界2位)に対抗するために
Su27など、旧東側の最新機種を増やしているとか
隣国は憲法上軍隊ではないはずの自衛隊の実力を認めているのですよ

北のシルクワームなどの射程を凌駕する対船舶用の長距離巡航ミサイルを
装備している日本に上陸作戦を仕掛ける国はどこにいる?
ペイトリオット(PAC2は長射程)やら防空システムもとりあえず万全

冷戦時代に米軍の先鋒として日本海で何をしてのか公表すらしていないうえに
演習とはいえリムパックで米国空母を何度も沈めている潜水艦隊も日本にはある
前大戦を戦訓に防衛のためにだけに用意された護衛艦隊もいる
その海軍力をインド洋の洋上補給で実証して居ると言ったら判ります?

外洋で長期間の補給活動をするためにはそれなりの運用技術を持った兵員が
いないと実行できないことが、日本の海軍の実力を示しているのですよ
経験の浅い国ではできない
今、中国が空母をもったところで、すぐに日本の脅威にならないということです

それを、米国もわかっているのに言わないどころか
米国が中国の軍事的脅威から日本を守っているという

脅威を煽っているのはどこの国だ。
いや脅威を作っているのはどこの国だ

今は、在日米国占領軍の存在意義から考え直す時が
来ているのではないのでしょうか?

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter