« 不可解なこと | メイン | みせしめですか »

2009年4月23日 (木)

お寺とは?

今回の千葉行きを良い機会として
かみさんと私の両方の親父のお骨を、購入してから
長いこと棚上げしていたお墓への納骨をしようと
(親父さん達、ごめんなさい)いう話になったのだが

義父の方の納骨堂はある意味ビジネスライク?
ちゃっちゃと事務手続きすればよいだけなのだが

自分の父親の方は、昔から付き合いのあるというか
実家周辺を縄張り?とするお寺の納骨堂で

毎年、供養代だの管理費に、盆のお布施にと
お金を巻き上げてきたあげくに、お骨を移す話をしたら

家は分家で(親父は次男だから)納骨堂は間借り扱い
のはずなのに、上から目線で、いきなり『ださせん』と来た
『お墓でも買ったのなら話は別だが』ともいう

お墓でも買わないとお骨を移動する話はせんだろうし
それ以前に、親父のお骨の所有権?は誰のものだ

納骨堂から出すだけでも、何やら金を取る気満々だし
現代におけるお寺の存在意義て一体何だろう?

あくまで個人的見解で、そのお寺限定のお話ですが
(宗教家として立派な活動をしているお寺もあるのは知っているから直の事)
旧来からの方式に胡坐をかいて、檀家を金蔓としか
見ていない葬祭システムとしか思えないのだが

今度の日曜にお寺で祖母の法事があるついでに
担当の坊さんと会うことになっているのだけれど

こちらとしては親父のお骨を人質にされて
誘拐犯から身代金を請求されている気分だから
今からすでに、テンションが結構高め

親戚一同(ほぼ年長者)の前で坊さんとバトルしたら
不味いだろうなぁ・・・しかも、祖母の法事の日だし

ここでやらかすと、その後の親戚の集まりのたびに
私にまつわる数々の思い出話が、また、ひとつ増えて
語り継がれるに違いない

しかし、本人が聞きたくない事、思い出したくも無い事に限って
なぜ、親戚のおじ・おば達は忘れてくれないのだろう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/19452821

お寺とは?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter