« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

お休みですが

本日はお休みですが、会社にいます

家のPCでも図面データを呼び出せるように
ファイルバンクにデータを転送しておいたので
家で仕事(図面作成)も可能のですが

末っ子から

午後から家庭訪問があるから、おとうさんは
余計なことを言うので、会社に行って

とお願いされました

私は北野誠か?

まぁ、家に居ると体を動かさないから
腰が痛くなったり、体重が増えたりするので
会社に自転車で出勤遊びに行けば仕事も進むし
運動にもなるから一石二鳥ではあります

ちゃちゃと予定の仕事(図面バラシ)を片付けて
家庭訪問の最中に帰えっちゃろうかなぁ~

2009年4月29日 (水)

まったりと

休みが急に増えたのはいいけれど
することが無いと落ち着かないという
仕事中毒(貧乏性ともいう)なので

なかば強引にかみさんを買い物に連れ出して
今、帰ってきました

予定通りならチャリレースに参戦するか
見学に出掛けるつもりだったけど
千葉行きの日程が決まるまで紆余曲折があって
予定がたたなくて中止したもんだから

今日の残りどうしようか?

090429

さっきから私の側で、猫が『撫でろ』と鳴きながら
訴えているので猫の相手でもしていましょうか

2009年4月28日 (火)

明日から連休

千葉に単身赴任する日が近づいてきたのに
最近、バタバタと忙しいことが続いています

残業規制中のために作業時間が限れていることが
一番の原因かもしれません
残務整理と引継ぎ用の資料作成と整理もあるし

連休中に1・2日出勤しないと間に合わないかも
と思っていたら・・・

たった今、明日から連休になりました

休出は自己判断でという
ありがたい?社長令も出ました

さて、
あぶれた仕事を持って帰るか?
会社に出て片付けるか?

私は運動不足にならないように会社に
自転車で出勤した方がいいね

2009年4月27日 (月)

間違い探しの答え

答えは画面中央より上部の

喚起設備→換気設備です

Oya01

鳥の心配をしていたら豚?

メキシコで発生した豚インフルエンザの
封じ込めはどうやらうまく出来ていない様子

個人の自由を制限しないと拡散防止は難しいのだけど
民の統制が厳しい中国ですらSARSの拡散防止の際
に人の移動を止められなかったから・・・
(他に色々と理由があるようですが)

さて、日本でこのような伝染病が発見された場合に
拡散を防げるのだろうか?

政府が自宅から出歩かないように広報したとき
日本ではどれほどの人がそれを守れるのでしょう?

自分の住んでいる街が感染の中心だと知ったら
普通の人は、必ず遠くに逃げようとするよね

そこに踏み留まる方が勇気がいるもの

2009年4月26日 (日)

間違い探し

岐阜の白川郷の近所にあるトンネルの
設備に関する説明イラストですが
Oya_2
この画の中に間違いがあります

さて何処でしょう?

お寺との話は、大人の対応で解決しました
伝説を作らずに済んだのは・・・
良かったのかなぁ?

2009年4月25日 (土)

塩豆大福

塩豆大福
小郡にある和菓子屋「やかべ」の塩豆大福です

ここの塩豆大福は美味い!

何年ぶりかに味わいます

情報収集のはずが

本日は、久留米方面にお出かけ
以前、電子部品製造会社に勤務していた時に
同期入社した知人のところに行きます

単身赴任の先輩なので、赴任生活関係の情報収集を
と思ったのですが、彼自身は現在、国外に赴任中で
(距離だけなら東京より近い所)
スケジュールが合いませんでした

しかし、かみさん同士もお友達な関係で
久しぶりに会いたいと盛り上がっているので
結局、私の立場としては、

今日も専属運転手です・・・まぁいいか

行く途中で、和菓子の美味しいお店に
寄り道させてもらおう

2009年4月24日 (金)

みせしめですか

一般人が泥酔して、裸になって騒いだくらいなら
一晩、警察署に留置されて酔いが醒めたところで
書類送検されて、釈放ではないでしょう?

よく、TVでやっているなんとか24時とかで
酔っ払いの保護しても、酔いが醒めたところで
帰宅させているじゃないか

それに、普通なら大勢の酔っ払いの相手に一々
家宅捜索するほど警察は暇でないでしょうに?

被疑者が有名人だったから?

それとも、日頃から泥酔者の相手をさせられて
堪忍袋の緒が切れてたのか

これだけ、マスコミを騒がせれば、酒乱系の
酔い方をする人達に対して警告を送れたことでしょうね

捕まった方も、捕まえた方も
どっちもやり過ぎだとしか思えません

ただ、彼も人間ということ

江頭のように、裸がタブーの国で
しらふで裸になったわけじゃないし
笑って許せんないものかなぁ

2009年4月23日 (木)

お寺とは?

今回の千葉行きを良い機会として
かみさんと私の両方の親父のお骨を、購入してから
長いこと棚上げしていたお墓への納骨をしようと
(親父さん達、ごめんなさい)いう話になったのだが

義父の方の納骨堂はある意味ビジネスライク?
ちゃっちゃと事務手続きすればよいだけなのだが

自分の父親の方は、昔から付き合いのあるというか
実家周辺を縄張り?とするお寺の納骨堂で

毎年、供養代だの管理費に、盆のお布施にと
お金を巻き上げてきたあげくに、お骨を移す話をしたら

家は分家で(親父は次男だから)納骨堂は間借り扱い
のはずなのに、上から目線で、いきなり『ださせん』と来た
『お墓でも買ったのなら話は別だが』ともいう

お墓でも買わないとお骨を移動する話はせんだろうし
それ以前に、親父のお骨の所有権?は誰のものだ

納骨堂から出すだけでも、何やら金を取る気満々だし
現代におけるお寺の存在意義て一体何だろう?

あくまで個人的見解で、そのお寺限定のお話ですが
(宗教家として立派な活動をしているお寺もあるのは知っているから直の事)
旧来からの方式に胡坐をかいて、檀家を金蔓としか
見ていない葬祭システムとしか思えないのだが

今度の日曜にお寺で祖母の法事があるついでに
担当の坊さんと会うことになっているのだけれど

こちらとしては親父のお骨を人質にされて
誘拐犯から身代金を請求されている気分だから
今からすでに、テンションが結構高め

親戚一同(ほぼ年長者)の前で坊さんとバトルしたら
不味いだろうなぁ・・・しかも、祖母の法事の日だし

ここでやらかすと、その後の親戚の集まりのたびに
私にまつわる数々の思い出話が、また、ひとつ増えて
語り継がれるに違いない

しかし、本人が聞きたくない事、思い出したくも無い事に限って
なぜ、親戚のおじ・おば達は忘れてくれないのだろう?

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter