« イタズラ小僧 | メイン | 少々過激ですが »

2009年3月30日 (月)

都心にミサイル

昨日のTVニュース映像を見て、一瞬
特撮怪獣映画の新手のキャンペーンか
どこか、紛争地域の映像資料かと思った

この国の為政者は
この映像が海外にも流れることを承知で、よりにもよって
東京都下の防衛省の傍に部隊を展開させたのでしょうか
個人的には、立川か入間辺りに展開すると予想してました

防空用とはいえ、武器を臨戦態勢で展開するのが
緊張を煽るような挑発行為にならないといいけど

さらに
以前にも書きましたが、都内にPAC3を配置すると
迎撃に成功しようと失敗しようと、北からのミサイル
とパトリオットの破片が人口密集地に降り注ぎます

小さい破片しか、落ちてこないと国会答弁で防衛大臣?だか
関係者が回答していたけれど、湾岸戦争の末期に

スカッドの迎撃に失敗して自爆したパトリオットの
破片が米軍宿舎に落ちて多数の死傷者が出たことを
防衛省の関係者は大臣に説明してないのか?
PAC3は当時のPAC2より小型ですけど

新宿区市ヶ谷から西方に40から50kmの範囲となると
中央線沿線の八王子と東武東上線の川越の間ぐらい?

射程30kmの対空ミサイルを運用するのに
いくら、都知事が『身近に落ちないと危機感がわかない』と
発言したとはいえ、人口の多い都心は不味いでしょう

都心のPAC3は実際に発射されることはないのでしょうけれど
インド洋に海自の次は、PAC3で空自が実弾装備で出動

序々に国民の感覚を慣らしておいて、次はアフガンに陸自ですか?

追記
朝霞(埼玉)、習志野(千葉県)にも展開してたのね

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/421299/19106159

都心にミサイルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter