2018年7月 9日 (月)

首カラー外れる

だいぶ、ご無沙汰になったけれど
本日の定期診断で、首カラーが解除となりました。

首の筋肉がだいぶ退化しているので、しばらくは
カラーを持ち歩きつつの様子見になります。

これで、少しは動きやすくなるので、
いろんな方々との接触事故も減ることでしょう。 

そもそも、
横にひろがって来られたら避けられんけど

2018年6月11日 (月)

職場復帰~1週間

六月一日に職場復帰しました。
仕事は基本的に座り仕事なので、身体的には
さほど負荷はかからないのですが、通勤が
想定外でした。

首にカラーを巻いているので、歩行中に
対面でぶつかることは無いだろう思っていたら
まぁ・・・脚に支障が出て杖を使用していた時
より酷い。

首の術後の回復が進んでいるとはいえ、首の傷
のおかげで、歩行中に横移動がしずらいのだけれど
若いお嬢さん達は、たとえ、相手が病人でも道を
譲るのが当たり前と思ってないか?

東京では体当たり男が居るようだけど
博多駅や天神地下街では、道を譲らない女が
大勢います。

今日は、退院後の最初の検診日で、結果は良好
でも、首カラーはもう一月装着が必要だそうです。
通勤中に不慮の事故に遭うと危険だからというのが
その理由です。

誰のせいだろう?

 

2018年5月29日 (火)

リハビリでお散歩

普通にお散歩したのでは楽しくないので
5/27の日曜日に春日原で行われた第4師団の
イベントに行ってきました。

16


16式機動戦闘車の現物を初めて見ました。(和製チンタロ?)
隣に並んでいたAVV7も初めてでした。

この後、実施された模擬戦で見た10式も初です。

1000


1001


未だに現役のタマ・・・74式も健在。

74


模擬戦後の展示で10式に接近。

1002


こういうリハビリは楽しくていい。


2018年5月23日 (水)

退院しました。

入院から15日目で退院しました。
別の病院に転院療養の話もありましたが、自宅
療養を選択しました。

首が曲げられない・回せない以外は
(鳥骨の骨髄採取跡は別にして)
転倒に注意する必要はありますが、普通に動け
るし、入浴もできるのであれば、自宅の方が
落ち着けます。

生活上で困るのが、上を向けないのでうがいが
できないのと、顎の下の髭剃りが難しいこと
それから、車の運転を自粛しないといけません。
首が回せないから、左右後方の安全確認が困難
だからです。

稀に、首にカラーを着けて運転してる人を見か
けた事がありましたが
今、思うに、その方は危険を顧みない無謀な輩
だったのね。

とりあえず、この先6月の職場復帰予定日まで
自宅及び、その周辺で大人しくするつもりです。

2018年5月19日 (土)

入院12〜13日目

昨日、術後から服用してきた痛み止めを中止しました。
消炎・鎮痛剤は長期を長期に渡って服用すると
碌なことがないからです。

案の定、本日の午前中から熱が出て、ダウンしてしまい
ました。
動けなくなるような高熱ではないのに、身体がだるく
なって、夕方まで起き上がれませんでした。

今は熱も下がって、だるさも無くなりましたが
今回、手術を受けた部位以外の古傷やら筋肉痛やらの
痛みが戻ってきました。

自分的にはこの方が、身体のリミッターが効いて
いいのかもしれません。

2018年5月17日 (木)

入院9〜11日

術後のCT検査の結果も良好で
(CT&X線画像のコピーを貰いましたが
画像のUPは自粛します。)
先程、抜糸が済みました。
それで、痒みの元凶の絆創膏も取れたので
今回の手術痕を自分の目で初めて見る事に。

以前、自転車で転倒して骨折した折に
「体の傷は男の勲章」と言った結果
かみさんに、それはそれは言葉表せないほど
激怒されたので、いらん事を口に出して言わ
ないよう、沈黙を守る予定です。
もっとも、今回は病気なので勲章扱いはでき
ないですね。

それでも、洗面所の鏡で見ると
左頸動脈の上に、あまり人様にお見せしたく
ないような醜い傷が走っています。
傷痕は、固定カラーを外すようになったら
スカーフでも巻かないと、丸見えになる位置に
あるので、真紅のスカーフでも用意しようかなぁ

2018年5月14日 (月)

入院6〜8日目

術後の経過はここまで順調に回復しています。
首のギブス(カラー)と擦れている所と
絆創膏負けした所があって、痒いのはしょうが
ないけど

しかし、1日が長い。
問診やその他入院にまつわる日々の雑用が済んだら
ゲームして、本読んで、音楽聴いてそれでも時間が
余る。

手術直後の痛みに加えて、点滴やドレン等チューブ
が体に入っている間は、動きたくても動けないから
我慢もできるけど、そこそこ動けるようになってき
たら、暇でしょうがない。

そこで、病院のリハビリとは別に、個人的に脚の方
を重点的にした、ベットの上できる脚の筋トレも始
めました。

膝を壊した時に、整形外科でやってた膝の運動を
ベースに、足上げ腹筋を加えてベットの上で身体を
動かしています。

今の調子を維持できれば、来月に職場復帰が叶い
そうです。

2018年5月11日 (金)

入院4〜5日目

術後の経過が安定してしているので、ナース
ステーションの隣の個室から、大部屋に移動
しました。
入院中に筋力の低下を防ぐために、リハビリ
も開始です。
早期の復帰を実現するには、ベットの住人に
なるわけには行かないので、真面目に取り組ん
でいます。

リハビリを受けてわかった事は、上・下半身の
筋力バランスが悪い過ぎ、特に腕の筋肉が細い
そうです。
なにやら、退院までリハビリというより
筋トレになりそうです。

2018年5月 9日 (水)

入院2〜3日目

入院2日目の午後から手術を受けました。
全身麻酔なので起きたら手術終了。
手足の痺れが綺麗サッパリ消えてました。

ただし、手術を受け個所はメスが入っているので
当たり前の事ですが、動かすと痛い。
それより痛いのが喉、気管に挿管された後が
唾を飲むとたまらなく痛い。

痛くない体勢を探して寝むれない夜を過ごして
3日目を迎えました。
飲食が可能になった時に、役に立ったのが
100均のペットボトル用飲み口。
首が動かせないので、水を飲むのに便利です。
ベットの上で水を溢さず飲めるし、蓋付なので
倒しても安心。買っておいて良かった。

Fab8e96c702e4e23845393f1a89414fa



2018年5月 7日 (月)

入院1日目

病院の受付で入院手続きして、そのまま病棟に移動。
荷ほどきが終わったタイミングで、医療器具の担当者が
術後に首に巻くギブスを持って登場。
まだ、手術の説明を受けないんですげど?

外来がこんでいるとかで、かなりまたされて
夕方から明日の手術に関する細かい説明を受けました。

No.6・7の頚椎をつないで固定する術後は
首の可動範囲が制限されるとのこと

明日以降は、続けてブログを書けるかどうか微妙です。

フォトアルバム

他のアカウント

Powered by Six Apart

twitter